テーマ:歌舞伎

歌舞伎座幕見に並んでる間に更新 笑也さん夜話やら大ちゃんのことやら

一昨日(8/18)、歌舞伎座ギャラリーの市川笑也さん「歌舞伎の世界夜話」すなわちトークイベントに行ってきたのですが、そこで笑也さんと司会の戸部さん(「氷艶」や納涼弥次喜多シリーズの台本作者)に思わせぶりに煽られて、納涼歌舞伎「東海道膝栗毛」の幕見に来ちゃいましたー 何しろ人気演目で、今年は私は一般前売りでチケが取れず、猛暑の中並べないわ…

続きを読むread more

御大将の麗しき FOIと氷艶放送を見終えて

昨晩、フレンズオンアイス2017楽から帰宅して間も置かずに「氷艶2017 破沙羅」のBSプレミアム放送を見て…どっちから先に書けばよいのか混沌としていますが(今日、月曜日にFOI燃え尽き休暇を取っておいた私は勝ち組 ドヤァ)、今の心境を一言で象徴させると、御大将の麗しき♪でございます。もうあの歌、覚えたい。 まず、書いておきたいのは…

続きを読むread more

破沙羅に咲き破沙羅に散る 氷艶2017 破沙羅

氷艶2017 破沙羅 義経ばかりか、岩にして閉じ込めておいた邇邇芸命と木花咲耶姫まで逃がしてしまい、鬼となった岩長姫に続き、弾正も「雷(いかづち)」となり13m宙乗りで去った後、天宇受売命の祈りの舞で稲生の女神が弁慶=猿田彦を蘇らせます。そして悪を倒すための剣と鎌を授かった善側は、いよいよ大海原で悪側との最終決戦に臨みます。 こ…

続きを読むread more

悪の華、官能の渦 氷艶2017 破沙羅

氷艶2017 破沙羅 第二幕は、悪サイドの勝利の宴から始まります。王と王妃のような弾正と岩長姫を中心に、男女のスケーターが酒池肉林風味に暗く妖しいパーティを繰り広げます。歌舞伎界からは悪役四天王の蘇我入鹿、石川五右衛門、酒呑童子、地獄太夫がお立ち台のうえで舞を披露してくれるという歌舞伎サイドからの大サービスありです。 悪の四天王…

続きを読むread more

待っていたとはありがてえ 氷艶2017 破沙羅

氷艶2017 破沙羅 チューチューチューと鳴くネズミのプロジェクション・マッピングとともに登場したる悪逆非道の仁木弾正。黒のかっこいい洋風の衣装に身を包んだ染五郎さんは徹底的に憎々しく「悪の華」に徹してくれましたが、ヘアスタイルはオールバックロン毛とかだとよりかっこよくなったのでは。あのタマネギ・ヘア、岩長ちゃんには合っていたとは思い…

続きを読むread more

終わらない!ロスもブログも 氷艶2017 破沙羅

氷艶2017 破沙羅 ああ、もうあの興奮と感動から3週間…来週の今日はもうLOFT2017が始まっているから氷艶未だのうちに感想文仕上げよう! 物語の最初からかきたいところですが、それやると絶対LOTFまでに終わらない大惨事になるので(笑)、主要キャストについて、印象に残った場面を書いていって、なんとかまとれられるといいんで…

続きを読むread more

寿司とシャーベット 氷艶2017 破沙羅

氷艶2017 破沙羅 そもそも歌舞伎とオペラのコラボという寿司とシャーベットのような取り合わせを思いついたのは誰なのか?インタビューをつなぎ合わせると、歌舞伎サイドにスケート側から打診があり、染五郎さんから快諾頂いたものの、大ちゃんがNYに滞在していて一時保留になっていたのが大ちゃん帰国、スケート復帰で具体的に動き出した…ということで…

続きを読むread more

見せてあげよう破沙羅の物語を 氷艶2017 破沙羅

氷艶2017 破沙羅 私は初日、5月20日の昼の回と、5月22日夜の楽に行ってきました。 伝統芸能の歌舞伎とフィギュアスケートのコラボ…失礼を承知で書けば、海のものとも山のものともつかず、もちろん大ちゃんが出る公演を逃すことはありませんが、複数回行くかどうかは様子見ということで、まずは初日のチケットだけを購入していました。 そ…

続きを読むread more

VIVA!!! 氷艶2017 破沙羅

氷艶2017 破沙羅 5月20日初日、22日楽の2回行ってきました…ああ日本人に生まれてよかった。この衝撃、この感動、この余韻、いつもの日常に戻ったはずなのに、破沙羅の世界から抜け出ることが出来ません。 大ちゃんにはますます惚れ込み、どうやら染五郎さんと笑也さんのファンになってしまったようで、まもなく不肖わたくし夏は渋谷だけでな…

続きを読むread more

ヴェルディ協会講演 「オペラと歌舞伎」

日曜日(12月16日)、久しぶりにヴェルディ協会の講演会に行ってきました。 演題は『オペラと歌舞伎』。講師は、『オペラと歌舞伎』の著書もある永竹由幸氏と、松竹㈱の演劇製作部長の岡崎哲也氏。この講演と言うより対談で、私が興味深く感じた部分を、当日取ったメモより抜書きします。 オペラ・歌舞伎ともに「役者の演劇」。 長唄の名人よ…

続きを読むread more

四月大歌舞伎「伊勢音頭」

昨日、歌舞伎座・夜の部に行って来ました。 出かける頃になって、持病の貧血気味が始まってしまいました。気分がすぐれず、どうしようかなーと思って、演目を見たら、夜の部一本目は私の苦手な台本作家(昭和の人)の作のもの…。というわけで、一本目はパスということで、少し休んでから出かけました。 今月は、中村歌右衛門追善公演ということで、5年…

続きを読むread more

三月大歌舞伎「道明寺」他

既にforthedayさんがBlogで書かれていらっしゃいますが十三世片岡仁左衛門追善 お昼の部、私も本日3月22日、歌舞伎座昼の部を観劇してきました。 十三世・片岡仁左衛門追善公演ということで、十三世の子・孫世代の松島屋が顔を揃えました。 最初の『吉例寿曽我』は、十三世の長男・我當と孫世代の進之助・愛之助が出演。forthed…

続きを読むread more

六月大歌舞伎 「新口村」

仁左衛門さんのことばかり書きます。染五郎さん、孝太郎さん、ごめんなさい。 今まで、その美しさゆえ、何度も私の寿命を延ばしてくれたに違いない仁左衛門さんおよび孝夫ちゃんですが、孫兵衛みたいなよぼよぼの老け役でも、素晴らしい!梅川と語り合いながら、次第次第に息子・忠兵衛への親心を高揚させてゆく様のなんというリアリズム。歌舞伎という様式…

続きを読むread more

六月大歌舞伎 「封印切」

2年ぶりに歌舞伎座で観劇してきました。昼の部『素襖落』『恋飛脚大和往来(封印切、二口村)』。なぜ、昼の部一本目の『信州川中島合戦』が抜けているかというと…。 今日は私が使っているカード会社から案内が来た銀座の某真珠店とのタイアップ企画で、午前中その真珠店で新作紹介や店内見学をした後、歌舞伎座に移って観劇とお食事というタイムテーブルで、…

続きを読むread more

5月26日(水) 苦労する女

昨日、桜姫の画像を探すために、検索していたら、○ちゃんねるの玉サマ・スレッドに行き着いて、はまってしまいました ヘヘ(^^; 感動したのは、美輪明宏さまと玉三郎さまが仲睦まじくしているというカキコ。ある役の話がきたとき、タマさま、美輪サマに「やっぱりおねえさんがやった方が」って辞退したんだって。きゃ~「おねえさん」って呼んでるのね~う…

続きを読むread more

許されざるもの(?) その弐

7月の歌舞伎座は、なんと19年ぶりに鶴屋南北の『桜姫東文章』がかかります!前も日記に書きましたが、これ、私が生まれて初めて見た歌舞伎の舞台だったんです。そして、私の価値観・美意識を一変させるほどの凄い舞台でした。 当然、前回と同じく坂東玉三郎が稚児・白菊丸と吉田家息女・桜姫(風鈴お姫)の二役。だが。だが。だがっ。僧・清玄と釣鐘権助が片…

続きを読むread more