紫のゆかりの物語「氷艶2019〜月光りのごとく」第一幕 その2

新しい女御藤壺に桐壺帝は亡き桐壺更衣の面影を求め、息子の光源氏は義母藤壺に一目で恋に落ちてしまった。禁断の恋は、激しい恋情と共に、天衣無縫だった少年・源氏を次第に内省に向かわせていきます。 「月光りのごとく」の光源氏は、市井に飛び出していきますが、オリジナルの根幹である宮中の雅びな催事もきちんと描かれます。朱雀の君の皇位継承を固めたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うつし世は夢 夜の夢こそまこと 「氷艶2019〜月光りのごとく」第一幕 その1

うつし世はゆめ 夜の夢こそまこと(江戸川乱歩) 「氷艶」と関係のあるわけではありませんが、7月26日の初日から28日の楽までの3日間のことを思い出すと、江戸川乱歩のこの言葉が思い出されてなりません。一昨年の「破沙羅」の時もそうでしたが、「氷艶」はいつも観客をひととき虚構の世界に連れ去り、そしてその間私たちは「夢こそまこと」の確かな感情…
コメント:0

続きを読むread more

「氷艶~月光りのごとく」を観て

7月26日「氷艶2019〜月光りのごとく」初日の昼公演を観てきました。まだ楽公演も前売り券持っていますが、とりあえず初見のインパクトが残っているうちに感想を書き留めておこうと思います。 なおネタバレでいきますこと、ご了承下さい。 まず作品全体について。 前回「氷艶2017〜破沙羅」と同じく戸部和久さんが「月光りのごとく」も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

平成最後の日に

もしまだ拙ブログをたまに思い出して覘いてくださっている方がいらっしゃいましたら、大変ご無沙汰しておりました。 昨年の11月から半年近く放置していたブログをアップする気になったのは、月並みながら今日が平成最後の日ということで… 実は年が明けた頃から何度かブログ再開をきして、スマホにキーボード繋いで書き始めてはいたのですが、ブログを放置し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西日本フィギュアスケート選手権2018

愛知県、日本ガイシアリーナで開催された2018年 西日本フィギュアスケート選手権を2日間に渡り観戦して、既に1ヶ月半以上が経過しました。その後、N杯のレジェンドオンアイス、GPS→GPFも終了、先週末には大ちゃんの出ないXOIに行ってきました。平成最後の全日本選手権も明日から開幕、今さらも振り返りもないのですが、全日本の前祝いのつもりで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ブルーインパルス離陸!近畿ブロックから西日本選手権へ

近畿ブロックが終わって、フジテレビoneで観戦した感想をブログに書き始めてはいました。その中断していたのを書き終えようと読み返してみたら…ボツにすることにして、今改めて書き直しています。 最初に書き始めたものは、私が今まで目撃した大ちゃんの大自爆演技(またの名 : 大遭難)を振り返りながらw、近畿ブロックのFSの出来をぐじぐじと嘆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フレンズオンアイス2018 第一部・その1

今さら感ありすぎですが、先月末のイベントについて、少しでも記述残しておきたいと思います。 フレンズオンアイス2018 私は初日と二日目夜公演に参加しました。 2007年の第2回から、N.Y.留学で大ちゃん不在の年も含めて、私にとっては12年連続のFOIでしたが、大ちゃんが直前に怪我してFOI欠場というのは初めてのこと…もちろん大ちゃん…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

歌舞伎座幕見に並んでる間に更新 笑也さん夜話やら大ちゃんのことやら

一昨日(8/18)、歌舞伎座ギャラリーの市川笑也さん「歌舞伎の世界夜話」すなわちトークイベントに行ってきたのですが、そこで笑也さんと司会の戸部さん(「氷艶」や納涼弥次喜多シリーズの台本作者)に思わせぶりに煽られて、納涼歌舞伎「東海道膝栗毛」の幕見に来ちゃいましたー 何しろ人気演目で、今年は私は一般前売りでチケが取れず、猛暑の中並べないわ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

デニス・テン選手追悼

ブログの再開を宣言してふたつめのエントリーがこんな悲しいものになってしまうのは、不本意でなりません。 2018年7月19日、デニス・テン選手が強盗に殺害されて早くも2週間が過ぎました。7月に入ってから大ちゃんの現役復帰で沸き立っていた気持ちが一気にどん底に沈み込む、 あってはならない悲劇でした。 私事を書いても詮無いことではありますが、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

道を作る人

我らが高橋大輔が4年ぶりの現役復帰を発表してから1週間経過しました。 …大ちゃんの応援をするようになってまもなく12年、スケートも人柄もわかっているつもりでしたが、まさかここまで斜め上いく男だったとは…寝耳に水、驚天動地、茫然自失、開いた口が塞がらない…初めてこのニュースを知ったのは先週の日曜日のお昼頃でしたが、私は動悸がしてきて喉が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ほんっとにお久しぶりです

なんと前回の更新から3ヶ月が過ぎてしまいました…昨年から更新停滞している言い訳ばかり書いていますが… 母の介護と家事にに割く時間が増えてなかなかPCを開けないのは相変わらずでしたが、実はちょうど1ヶ月前の4月上旬、母が肺炎で緊急入院するという出来事がありました。車椅子になって久しいとはいえ、風邪さえうつさなければうちの母に限って肺…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

クリスマスオンアイス2017 初日と楽を観て

高橋大輔がメインになって4年目のクリスマスオンアイス(以下XOI) 2017年は初日と楽、それにテレビ放送も併せての感想、年が変わりましたが、書いてみます。 1年遡る2016年のXOIで痛感したのは-クリスマスという限られたテーマ内で毎年斬新なアイデアを出すのはなかなか厄介だということ。バンクーバー五輪前の荒川さん時代同様、昨年…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

平成30(2018)年もよろしくお願いいたします

ほんとにほんとにお久しぶりです。昨年末はご挨拶もせず、鏡割りも終わってからの新年のご挨拶になってしまいました。 この前の更新が11月9日で2ヶ月以上前ですが、ブログが放置状態になったのは、その時に書いたとおり、仕事から帰宅して家事と介護に追われるようになったこと、それに、うーんブログを書く根気がなくなりましたねえ。モチベはあると思…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お久しぶりです

前回の更新が8月28日、フレンズオンアイスの楽の直後…2004年に拙ブログを始めてから最大の41日という空白期間を作ってしまいました。 確かに母が車椅子になり、体調崩したこともあり、仕事から帰って家事にさく時間が増えたのは事実です…とはいえ、母が留守番してくれている間に山登りに行ったり大ちゃんのトークイベントに行ったり好き勝手出来てい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御大将の麗しき FOIと氷艶放送を見終えて

昨晩、フレンズオンアイス2017楽から帰宅して間も置かずに「氷艶2017 破沙羅」のBSプレミアム放送を見て…どっちから先に書けばよいのか混沌としていますが(今日、月曜日にFOI燃え尽き休暇を取っておいた私は勝ち組 ドヤァ)、今の心境を一言で象徴させると、御大将の麗しき♪でございます。もうあの歌、覚えたい。 まず、書いておきたいのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LOVE ON THE FLOOR 2017 実験!

TBSチャンネルでの放送も終わりましたが、私の感想文はまだこれから第二部Passionです…昨年以上にPV仕立てで映像に凝り過ぎた作りに、ツイッターでの評判がいまいちのようですが、私は「生」第一、映像は参考…というと言い過ぎですが、まあ記録として成立していればいいや、という緩いスタンスですが、しかしカメラの切り替えが多すぎ(Hollab…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LOVE ON THE FLOOR 2017 I like that!!

FOIまでにのんびり書けばいいや、と思っていたら、もう明日にTBSチャンネルで放送ですね! 拙ブログはというと、やっと主役のシェリルさんが登場するところ… いえいえ、その前にクリスティの"Feelin' good"がまだ控えていました。7/17昼公演で、あのブルージーなイントロが流れた途端、私はうれしくって「プウォォォォォ」しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LOVE ON THE FLOOR 2017 "L・O・T・F, L・O・T・F!"

ああ…5月の「氷艶」から6月のLOTFへと続いた怒濤の日々が終わり、抜け殻状態となったのは、私だけでしょうか(絶対私だけでない!)しかも「氷艶」で市川笑也さんにも嵌まってしまい、6月は、仕事とLOTFの合間に歌舞伎座にも2回足を運んでました…LOTF全通の方とかいらっしゃいますからね、私のゼイハアなんかあんまり大したことないとは思います…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LOVE ON THE FLOOR 2017

初日から1週間。21日の夜公演の終演後挨拶での大ちゃんの 「あっという間に終わっちゃいますね…考えたくない。考えないようにします」 という言葉どおり。 明日、いやもう日付が変わって今日ですね。LOVE ON THE FLOOR 2017もいよいよ千秋楽。17日昼公演、21日夜公演に続いて、明日の昼公演が私の打ち上げになります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

破沙羅に咲き破沙羅に散る 氷艶2017 破沙羅

氷艶2017 破沙羅 義経ばかりか、岩にして閉じ込めておいた邇邇芸命と木花咲耶姫まで逃がしてしまい、鬼となった岩長姫に続き、弾正も「雷(いかづち)」となり13m宙乗りで去った後、天宇受売命の祈りの舞で稲生の女神が弁慶=猿田彦を蘇らせます。そして悪を倒すための剣と鎌を授かった善側は、いよいよ大海原で悪側との最終決戦に臨みます。 こ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

悪の華、官能の渦 氷艶2017 破沙羅

氷艶2017 破沙羅 第二幕は、悪サイドの勝利の宴から始まります。王と王妃のような弾正と岩長姫を中心に、男女のスケーターが酒池肉林風味に暗く妖しいパーティを繰り広げます。歌舞伎界からは悪役四天王の蘇我入鹿、石川五右衛門、酒呑童子、地獄太夫がお立ち台のうえで舞を披露してくれるという歌舞伎サイドからの大サービスありです。 悪の四天王…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待っていたとはありがてえ 氷艶2017 破沙羅

氷艶2017 破沙羅 チューチューチューと鳴くネズミのプロジェクション・マッピングとともに登場したる悪逆非道の仁木弾正。黒のかっこいい洋風の衣装に身を包んだ染五郎さんは徹底的に憎々しく「悪の華」に徹してくれましたが、ヘアスタイルはオールバックロン毛とかだとよりかっこよくなったのでは。あのタマネギ・ヘア、岩長ちゃんには合っていたとは思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終わらない!ロスもブログも 氷艶2017 破沙羅

氷艶2017 破沙羅 ああ、もうあの興奮と感動から3週間…来週の今日はもうLOFT2017が始まっているから氷艶未だのうちに感想文仕上げよう! 物語の最初からかきたいところですが、それやると絶対LOTFまでに終わらない大惨事になるので(笑)、主要キャストについて、印象に残った場面を書いていって、なんとかまとれられるといいんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寿司とシャーベット 氷艶2017 破沙羅

氷艶2017 破沙羅 そもそも歌舞伎とオペラのコラボという寿司とシャーベットのような取り合わせを思いついたのは誰なのか?インタビューをつなぎ合わせると、歌舞伎サイドにスケート側から打診があり、染五郎さんから快諾頂いたものの、大ちゃんがNYに滞在していて一時保留になっていたのが大ちゃん帰国、スケート復帰で具体的に動き出した…ということで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

見せてあげよう破沙羅の物語を 氷艶2017 破沙羅

氷艶2017 破沙羅 私は初日、5月20日の昼の回と、5月22日夜の楽に行ってきました。 伝統芸能の歌舞伎とフィギュアスケートのコラボ…失礼を承知で書けば、海のものとも山のものともつかず、もちろん大ちゃんが出る公演を逃すことはありませんが、複数回行くかどうかは様子見ということで、まずは初日のチケットだけを購入していました。 そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

VIVA!!! 氷艶2017 破沙羅

氷艶2017 破沙羅 5月20日初日、22日楽の2回行ってきました…ああ日本人に生まれてよかった。この衝撃、この感動、この余韻、いつもの日常に戻ったはずなのに、破沙羅の世界から抜け出ることが出来ません。 大ちゃんにはますます惚れ込み、どうやら染五郎さんと笑也さんのファンになってしまったようで、まもなく不肖わたくし夏は渋谷だけでな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バリー・ジェンキンス監督 「ムーンライト」

『ムーンライト』 ”Moonlight”(バリー・ジェンキンス監督) 上記公式サイトにアクセスすると、予告編の音声が 流れます。 第74回アカデミー賞の作品賞、脚色賞、助演男優賞を受賞した『ムーンライト』を劇場で鑑賞しました。 アカデミー賞授賞式でのゴタゴタはともかくとして(作品賞発表の際、誤った封筒がプレゼンテーターに渡され…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

Title: 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』 ”Manchester by the Sea”(ケネス・ロナーガン監督 2016) 上記公式サイトにアクセスすると、トレイラーの音声が流れます。 4/ 明治安田生命ホールの試写会当選した友人にご相伴させて頂きました。見て来ました。いつもいつも本当にありがとうございます。 マッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャサリン・ヘップバーン 「フィラデルフィア物語」

『フィラデルフィア物語』 "The Philadelphia Story"(1940年The Philadelphia Story" ジョージ・キューカー監督) おそらくアメリカ映画史上もっとも偉大な女優であるキャサリン・ヘップバーン(1907年 - 2003年)の若き日の代表作をDVDで鑑賞。以前1度見たことがあり、おおまかなプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真央ちゃん素晴らしい時代をありがとう

初めて生で浅田真央選手の演技を見たのは、私の初生観戦でもある2005年メダリスト・オン・アイスでした。既に「ミラクル真央」と呼ばれて、安藤美姫選手とともに旋風が起こり始めた時でした。この時は、髙橋大輔選手を初めて生で見た日でもあり、本田武史選手現役最後の日…と思えばこの日から、私にとってあの輝かしい時代が始まったのでした。 正直なとこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more