映画「遥か群衆を離れて」

久しぶりに映画の感想を書いてみようと思います。

「遥か群衆を離れて」”Far from madding crowd” 1967年 ジョン・シュレジンジャー監督)

「テス」のトーマス・ハーディングの小説を原作とした1967年のイギリス映画で、BSプレミアムの放送を録画して視聴。
「テス」というと、大河メロドラマ でしたが、果たして本作もメロドラマ。ただしヒロインのバスシバは、テスのような貧しくか弱い女性ではなく、賢く財産もある女性。
遺産として農園を受け継いだ若い娘バスシバ(美しさの絶頂期のジュリー・クリスティー)は、不正を働いていた管理人を追い出し、自ら農園経営に乗り出す。独立心に溢れた美しいバスシバには、かつて彼女にプロポーズしてふられた羊飼いだった(阿呆な牧羊犬に羊を全滅させられ破産、今はバスシバの使用人)青年ガブリエル(アラン・ベーツ)と、隣の裕福な中年の農園主ボールドウッド(ピーター・フィンチ)が想いを寄せている。二人ともイケメンだし真面目なのに、何が不満なんだかバスシバには二人が物足りない。
そんなところに現れた超イケメンで女たらしの軍人トロイに、賢いはずのバスシバが引っかかってしまうというのは、まあよくある話。演じるテレンス・スタンプが見るからにミステリアスでしたからねー無理もなかったでしょう。若き日のテレンス・スタンプ、超美形なんだけど、なんとなく抜けてる感じがいいですね。ジュード・ロウに似ているという人もいますが、私はトランコフさんに似ていると思いますw
ちなみにアラン・ベーツもピーター・フィンチもイケメンで目の保養になりました。アラン・ベーツというと、私にとって一番印象に残っているのは、「ローズ」の冷徹なマネージャー役かな。若い頃はかっこよかったのね。ピーター・フィンチは実に立派な顔立ちで、古代ローマの将軍の衣装がすごく似合いそう。

日本でいうと入り婿になったトロイは、案の定ろくに働かずバスシバの金で賭け事に興じるヒモ亭主状態に。バスシバもすぐに正体に気づくのだけど、ダメ夫を思い切れない。その間、ガブリエルは変わらず黙々と農園の仕事に精を出しバスシバを支え続け、厳格な独身主義者だったのに中年になって初めて恋を知ってしまったボールウッドはバスシバを諦められず悶々としている。ピーター・フィンチが実にいい味出してました。

もういい加減ネタバレしていますが、古い映画なので以降もネタバレ全開で行きます。

映画の冒頭で、結婚式の会場の教会を間違え式に遅刻するというコントのような失態で、トロイを怒らせあっさりと捨てられた娘ファニーがここで再登場。すっかりみすぼらしい姿となってしかも大きなお腹で現れたファニーにトロイは困惑し、明日迎えにいくからと一旦救貧院に向かわせる。そして彼女を助けるための金をバスシバからせしめ、翌朝迎えにいくが、既にファニーは出産した赤ん坊と一緒に息を引き取っていた。このあたりはもろ「テス」の展開ですね。
ファニーは昔バスシバの農園で働いていたので、彼女の遺体は農園で引き取ることになるが、バスシバは夫とファニーに何かあったことに感づいていた。そして真相を探るために棺桶をこじ開けるという暴挙に…賢明なお嬢様だったバスシバがこんなおぞましい行為に追い込まれてしまうとは。
そこに現れたトロイは、ほんとうに愛していたのはファニーでお前のことなぞもう愛していないとバスシバに言い放つ。
ファニーを自らの手埋葬した後、トロイは衣服を脱ぎ捨て海の中に姿を消す。
こうして未亡人となったバスシバに、再びプロポーズするボールドウッドだが、相変わらず煮え切らない返事を繰り返すバスシバ。ようやくトロイの死が正式に認められる6年後にあなたと結婚しますという答えを引き出し、舞い上がるボールウッド。

でもトロイの死体は上がってない…メロドラマの定石で、絶対トロイ生きてるだろ!?という予想通りの展開となります。トロイはバスシバとボールウッドがデートで訪れたサーカスの芸人になっていた。二人に正体を見破られまいとメークとつけ髭でなんとか切り抜けるトロイの姿を見て、ああ彼はファニーへの愛を胸に二度とバスシバの前に現れるつもりはないのだな…と思いきや、どういうわけかトロイはバスシバとボールドウッドの婚約発表パーティに乗り込んで「俺がお前の夫だ!」と名乗りをあげます。あらら?それならなんでサーカスで必死に正体を隠したのよ?トロイ支離滅裂だろう?と思うのですが、メロドラマを盛り上げる為の設定と思うことにしましょう。
そこに響く銃声。幸福の絶頂を壊されたボールドウッドがトロイを撃ったのだ。しかしボールドウッドをさらに打ちのめしたのは、見限ったはずの夫トロイの遺骸にすがりついて泣くバスシバの姿だった…。

すべてを失ったボールドウッドが刑務所に収監されている姿が哀れでなりませんでした。
一方、今度こそほんとうの未亡人になったバスシバは、ようやくガブリエルがかけがえのない存在であることに気づき、彼を再婚相手に選びます。
映画の最初からガブリエル視線で描かれているところが多かったし、我々観客は誠実なガブリエルに感情移入しているから、農園の使用人全員に祝福された二人の結婚式をハッピーエンドに受け取るんだけど…でも、あまりにもボールドウッドかわいそうすぎます。彼の農園はガブリエルが管理するというし何もかも失ったなんてレベルじゃないんですけど…まあボールドウッドが出所した暁には農園を返してあげるんだろうけど、その頃にはボールドウッドじいさんになっていて、ガブリエルとバスシバの幸せな姿を見せつけられるとは、あまりにも人生台無しです。そもそも最初の方で、バスシバがいたずらで送ったバレンタインカードがきっかけで、ボールウッドの恋が始まってしまうんだし、バスシバ罪なことしたわね…。

しかし映画のラストシーンが意味深というかけっこう毒がある?んですよね。新婚のガブリエルとバスシバの寝室に、かつて1回目の結婚初夜にトロイから贈られた機械仕掛けの時計が変わらず飾られていて、そのアップで映画が終わるという。これは何を意味するんでしょうね。トロイは死してなおバスシバの側にいて、ガブリエルとの結婚生活を見張っているということでしょうか…。
もしかしたらハッピーエンドではないかもしれないというこの結末、一筋縄ではいかないなと思いました。

すごく好きな作品というわけにはならなかったけれど、2時間50分十分に楽しませていただきました。当時は撮影監督だったニコラス・ローグによる撮影で、イングランドの丘陵地が雄大に美しく描写されているのも見どころです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ごみつ
2020年08月26日 20:14
こんばんは。

夏さんのブログ、久しぶりにコメントさせていただきます!
テレンス・スタンプが好きなので、私もこれ録画してありました。
夏さんが記事にされてるのを見て、私も昨夜鑑賞しましたが、3時間近い長丁場を退屈することなく楽しめました。
メインキャストが皆魅力的な実力派なのも大きいですよね。

あとヴィクトリア時代の英国の農村の様子とかが興味深かったし、舞台となった地(ウェセックス地方らしいです)の風景もきれいでしたね。

ただ、この作品、唐突なところが多くて、ちょっと解せない・・って思っちゃった箇所が幾つかありました。原作読むと違うのかな~?

「テス」はむか~し見たのですが、全く覚えてないので^^;、また見てみようかな。
2020年08月29日 23:15
ごみつさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

この映画はニコラス・ローグが撮影監督時代の作品ですね。確かローグは「アラビアのロレンス」の撮影スタッフとしてもクレジットがあった覚えがあります。「遙か群衆を離れて」では、イギリスの田園地帯が美しく雄大に描かれていてほんとうに美しかったですね。
それと当時の農家や牧畜業の労働が生き生きと具体的に描かれていて、バスシバが最終的には汗水垂らして働くガブリエルを生涯の伴侶に選んだのが、この作品のポイントかも。遊び人のトロイはもちろんのこと地主のボールウッドも自分の手で収穫する人ではなかったわけで。

ごみつさんの仰るとおり、唐突な展開は端折った所為なのかは原作読まないと判断保留ですね。

「テス」は私も大昔にテレビの深夜枠でノーカットで見ただけなんですが、ほんとファニーの名前をテスにして主役にした感じ。これでもかこれでもかとヒロインが虐げられるメロドラマでした。陰惨なお話をナスターシャ・キンスキーと田園風景の美しさで芸術に昇華させていたと思います。