Il quaderno d'Estate

アクセスカウンタ

zoom RSS 道を作る人

<<   作成日時 : 2018/07/11 16:56   >>

ナイス ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 3

我らが高橋大輔が4年ぶりの現役復帰を発表してから1週間経過しました。

…大ちゃんの応援をするようになってまもなく12年、スケートも人柄もわかっているつもりでしたが、まさかここまで斜め上いく男だったとは…寝耳に水、驚天動地、茫然自失、開いた口が塞がらない…初めてこのニュースを知ったのは先週の日曜日のお昼頃でしたが、私は動悸がしてきて喉がカラカラになり、息苦しくなったほどでした…
思えば3月末でテレビの仕事をすべて閉めただけでなく、アイスショー出演も極力抑えて、フランスのブノア・リショーさんの元に振付に赴き、何か企んでいるのだろうwとは多くのファンが推測していたでしょう。たぶんジャパンオープンにプロ枠で出場してコンペ復活かな?というのも、これまた多くのファンが予想していたところだで、これだけでも楽しみだったのに、まさかまさか現役復帰だなんて!!予想していた方がいらっしゃったら、手を挙げてくださいっていうくらいに、私には衝撃でしたよ!
興奮状態のまま夜の会見の時間を迎え、その要旨が明らかになると、なんと近畿ブロックから全日本を目指すなんていうじゃありませんか。 日程が重なるジャパンオープンはないのか…と東京住みとしては残念ではありますが、大ちゃんの一徹さにはファンながら驚くほどですねー

Kiss & Cryのサイトが会見の全文上げてくれましたが、なんとまあ内容の濃い素晴らしい会見だったのでしょう!競技復帰に向けての意気込みやビジョンも興味深いですが、他の媒体の記事も含めて私が特に注目したのは、大ちゃんが今後の人生でパフォーマーとして生きていくためにも、もう一度自分のスケートを取り戻さなければいけないと考えたというくだりです
その背後には現役選手としてやり残したことがある…ああ4年前はやはり不本意な引退だったのか…とあの時の胸の痛みを思い出します。
一度はスケートを捨てることすら考え、アメリカ留学帰国後も一番やりたいことがスケートか分からないと言っていた大ちゃんが今は「やはり自分にはフィギュアスケートというものが軸にないとダメだな、 と。今後、人生を歩んでいく上で、フィギュアスケートというしっかりしたものを一個 持っていなければ、自分らしく過ごせないなと思いました」と語っている。ファンとしてこんなにうれしい言葉はありません!しかも現役復帰の直接的な理由が昨年の全日本の現場であり、またキャスターとして様々な分野で最前線で活躍している人たちを取材したことにも刺激を受けたとのこと。
ああ今回も無駄なことは何ひとつなかった。大ちゃん自身の言葉を借りるなら「必要な時に必要な人が現れた」だったんですね。
ナビゲーターとして全日本の現場に身を置いたこと。ニュースZEROのキャスターとしてエンタメ業界の様々な方達の取材をしたことが、彼をスケート競技という原点に向かわせたのだから…思えば、スケート靴を持たずにニューヨーク留学に出かけた時から、回り道取りはしても−回り道だったことこそが、高橋大輔が歩むべくして歩んだ「道」だったのですね。

今だからぶっちゃけますが、リオ・オリンピック直後のFOIとCaOI、それに昨年のXOIの初日なども、「練習不足かなあ…テレビの仕事大変で、練習の時間を取るのも難しいだろうし…」と思ったものですが、今回の会見の内容を読むと、本人もそのことはすごく気にしていたのだと分かりました。大ちゃんは内心ものすごい負けず嫌いだから、満足出来ないコンディションでパフォーマンスを披露することに忸怩たるものがあったのでしょう。
繰り返しますが、私が何よりうれしいのは、大ちゃんが「パフォーマー」として生きていくことを明らかにしてくれたことです!

近畿ブロックから始まる試合でどのくらいの結果を出せるのか。4年ぶりの現役復帰、32才という年齢、そしてジャッジが点数を出してくれるのか、不安要素は多々あります。でもどんな結果であろうと、橋大輔が高橋大輔であることを証明するパフォーマンスを遂行してくれさえすれば、大ちゃんが今度こそ「やり切った」と感じて現役生活を終えることさえ出来れば、もうそれでいいんです!ソチ前後の「世代交代」煽り、ネガティヴ・キャンペーンと言ってよい仕打ちにあっていた時に「この世の最後の一人になっても、私は大ちゃんのファンだから」と覚悟したその時のまんまです−もちろんそう考えているのが、私だけではないことはよーく分かっています!
そういや、ネットに悪意ある(しかし頭悪いのが丸わかりのw)記事が出た(大ちゃんが現役復帰すると都合の悪い方々がいらっしゃるようでw)以外は、紙の媒体の復帰を扱った記事は概ね大ちゃんに好意的なようですね。今のところは。
うれしい驚きだったのは、一般の皆さまの反応がかなり熱かったこと。現役を退いて4年も経つのに、こんなに「高橋大輔選手」のことを覚えている方が沢山いたとは…すごくうれしかった。しかも高橋大輔史上最高にイケメンの容姿が全国に流れたのが、ファンとして誇らしいですね!

まだまだ書きたいことは山ほどありますが、今日はこのくらいで…おかげさまで母はどんどん元気になってくれていて、私も自分の時間が取れてきたし、またブログの更新頻度を上げていけたら…と思っています。


今は、10年近く前に、cobaさんが大ちゃんに贈ったこの言葉をあらためて噛みしめています。
「あなたは僕と同じ道を作る人だ」


画像

2018/5/19 プリンスアイスワールド大津公演・楽公演で撮影

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
夏さん、大変ご無沙汰しております!
私事ですが、最近転居と転職でバタバタしていて
こちらのブログにお邪魔するのも久しぶりでした。
そうしたら、お母さまが大変なことになっていらしたのですね。
今は少しは落ち着いていらっしゃいますか?
私も両親の介護に直面した経験がありますが、
夏さんのお疲れも大変なものと推察します。
どうかご無理なさらず、極力自分のペースを守って
お過ごし下さいね(これが難しいんですよね、ホント)

今まではほんのご近所だった新横浜も、
新幹線を使わないと厳しい距離になりましたが、
まさかまさかの現役復帰の大輔氏の応援のためにも
また昔みたいにギアを入れなければ、と思います。
それにしても、これは予想もできませんでしたね…

凄まじい猛暑ですので、お母さまも夏さんもどうぞ
お体ご自愛下さいませ。
無沙汰のお詫びと久々のご挨拶でした!



オグリ
2018/07/15 15:57
オグリさん、お久しぶりです。こちらこそ更新サボりまくりでご無沙汰しっ放しなのに、お忙しい中コメントありがとうございます。

私の場合、オグリさんのように仕事や家の変動があったわけではなく、親の介護が始まったという誰もが通る道なのですが、話には聞いていても実際に直面すると想像以上の大変さでした。おかげ様で、現在の母は歩けないこと以外はすっかり元気になってくれて、私の負担もだいぶ軽くなりました。留守番してくれるのでスケート鑑賞など外出にもほとんどさし障りなく、有り難いことです。5月はヘルパーさんに来てもらって、大津までPIWを泊まりがけで行って来ました。ゲストもプリンスチームも充実の公演でした。

ブログを書く習慣はなかなか戻らないのですが、衝撃の現役復帰はさすがにモチベになりました!
私も少しずつでもブログ界?に復帰したいので、その折はまたよろしくお願いします。
それにしてもワクワクするシーズンになりましたね!

2018/07/18 01:01
夏さん、お久しぶりです。
現役引退後のダンスや氷艶での経験がどのように彼の中で活きてくるのかが楽しみでなりませんね。
4年前の引退時、私が彼にのぞんだことは、フィギュアスケートを離れても表現者として成長してほしい・・・でした。様々な音楽を表現できるという言葉でいうにはもったいないような才能も華も、努力も謙虚さも持ち合わせているのですから。

7月1日ですが、振り付けをしに海外にいったと友人に聞き、これは何かあるのでは?と朝からネットニュースをちょこちょこチェックしました。12:30頃に現役復帰ニュースがあがったときはスケ友さんたちにメールしまくりました。ここはフィギュアスケート観戦歴・TV観戦含む40年(NHK杯と同じだから)の勘があたったようです。これはカタリナ・ビットと伊藤みどりさんの時の経験があるからかもですね、かなり古い話ですが(笑)
YY
2018/08/11 13:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
道を作る人 Il quaderno d'Estate/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる