Il quaderno d'Estate

アクセスカウンタ

zoom RSS ほんっとにお久しぶりです

<<   作成日時 : 2018/05/07 00:18   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 19

なんと前回の更新から3ヶ月が過ぎてしまいました…昨年から更新停滞している言い訳ばかり書いていますが…

母の介護と家事にに割く時間が増えてなかなかPCを開けないのは相変わらずでしたが、実はちょうど1ヶ月前の4月上旬、母が肺炎で緊急入院するという出来事がありました。車椅子になって久しいとはいえ、風邪さえうつさなければうちの母に限って肺炎なんて…と軽く考えていた私の甘さを思い知りました。
幸い10日ほどで退院になりましたが、肺炎の他に大動脈弁狭窄症であることも見つかりました…正直、血の気が引きましたが、考えようによっては肺炎になったおかげで発見できたのだから、ラッキーと言ってよいのではないでしょうか。入院先の主治医には手術を勧められましたが、何しろ高齢だし、本人が手術を望まないので、とりえあえず「様子見」とすることにしましした。
しかし、昨年秋には一度意識消失しているし(その時は原因不明)、二度目の救急搬送の今回は意識こそあったものの全く動けなくなってしまい、たまたま私の仕事の休みの日だったのは、かえすがえすも幸運でした。もし昼間にひとりでいる時にまたこんなことがあったら、ずっと倒れたままでいるのかと思うと、これはなんとかしないと、と母のケアマネージャーさんとも相談して、まず介護度の区分変更の申請をしました。退院後は介護ベッドとボータブルトイレを導入し、今までも週2回の訪問リハビリに加え、週1回の訪問看護が加わり、私が仕事に行っている間に母の様子を見てくれる人が増えて、不安はかなり払拭出来るようになりました。

しかし退院後の1週間くらいはまだ母の調子も思わしくなく、身体介護というのがほんとうに大変でした。今思うと頑張りすぎだったのかもしれませんが、私の方が先に倒れるのではないかと思ったくらいでした。
その後、母も元気を取り戻し−特に入れ歯を作り直したことが大きかったです。やっぱり「食」が一番大事ですねえー私も今ではそれほどテンパってはいませんが、それでも自分の部屋にいるのは掃除する時と寝る時だけです。PCなんか一週間に一度も開かない時があるくらい。
どこにいても空き時間にあけられるスマホはしょっちゅうやっていて、もうメールもスマホでチェックしているのでPCいらなくなっちゃったんですよねえ。もうだいぶ前からツイッターやインスタグラムで用が済んでいたのが、加速して。じゃあブログもスマホで書けばいいじゃない?かというと、長文はやっぱりキーボードで打つものなんです。私にとっては。

延々と言い訳してきましたが、今日は久しぶりに自室でPCのキーボードで打ち込む時間が作れたわけです。こんなわけでこれからのブログの更新もどうなるか分かりませんが、出来たらよろしくお願いしますね!

入院してから母の具合が良くなってからは、母が倒れる前から取ってあった歌舞伎のチケットも使うことが出来て、片岡仁左衛門一世一代の演技を見てくることも出来ました。それからやはり購入してあったプリンスアイスワールド大津公演、こちらも私が出かけている間にヘルパーさんに入ってもらうことにして、予定通り出かけられる見込みです。ヘルパーさんには既に歯医者に行く時に車椅子の身体介護をしてもらっていますが、ヘルパーさん曰く母は手間がまったくかからず、これからもどんどん母の仕事入れたいとのことで、いやーこちらも助かりますー

そんなわけでこれからも大変になるかもしれませんが、出来る限り(無理しないで)頑張っていこうと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
やっとかめ(八十日目←名古屋弁)では済まない!お久し振りですm(__)m ソロソロ三年近いご無沙汰に… 体調不良と欝症状←医者のせい!で娘の買ってくれた−<Wii-U>だけが友達でした〜 それまでも20年以上<友達>なんて呼べる人は居ませんでしたが… 毎日まいにち、-You Tube-で音楽三昧。 娘曰く「とんだオモチャ与えちまったなD」 ところで、お母様のこと御心配が和らいで良かったですね。 今日は夏さんにいっぱいお話ししたかったのですが、次の機会に… 追記−あの「king's singers」が名古屋にも来演! もちろんチケット入手、30日が楽しみですU
矢舞
2018/05/15 13:28
こんにちは。

お母さまの件、大変でしたね。
私も祖母の介護をしていた時は色々と大変でしたが、まだ父親が生きていたので何とかなった感じです。
祖母も亡くなった原因は誤嚥による肺炎でした。肺炎は怖いですね。

入院で体調が戻られたとの事、一安心ですね。
夏さんも、体調を崩されない様に、気を付けて下さいね。

時々、ブログででも近況をお聞かせいただけると嬉しいです。
でもあまり無理はなさらないで下さいませ。
ごみつ
2018/05/17 18:21
矢舞さん、ごみつさん、コメントありがとうございます。レス遅くなってすみません。昨日、無事大津+京都プチ旅行から戻ってきました。

2018/05/23 00:08
矢舞さん、ほんとうにお久しぶりです。お元気してらっしゃるかなあ、と思っていました。
近頃は体調いかがですか?うちも母だけでなく、私も昨年から頚椎ヘルニアと腰痛の爆弾抱えて、昨年は大人喘息(喘息発作30年以上起こしてなかったのに!)起こしたし、ああ年だなあ…と実感しております。
私もYou Tubeザッピングするの大好きでーす😍 なかった頃一体どうしてんだろうと思いますw
友の会に入っている下高井戸シネマで、近くフランス映画特集があり、「太陽がいっぱい」「昼顔」「エヴァの匂い」等がかかるので、「冒険者たち」の時は、矢舞さんに当時のアラン・ドロンのこと教えて頂いたなあと思い出してました。また体調が良い折に色々ご教示下さいませ。
King’s singers楽しみですね!どうか楽しんでいらして下さい。またよろしくお願いといたします。

2018/05/23 00:35
ごみつさん、こんばんは。ご無沙汰してしまい申し訳ありません。
ごみつさんはお祖母様の時にほんとうに頑張られましたよね。私も見習いたいです。
今の私は介護保険にだいぶ助けられてます。今回の旅行もヘルパーさんが入ってくれたおかげで安心して過ごせたし。
高齢者の肺炎の恐さは初めて経験しましたが、上にも書いた通り、おかげで心臓の病気が見つかりましたが、こちらはセカンドオピニオンで、手術しないことになりました。今は元気にしてくれていますが、これからどうなるか、とにかく出来るだけケアしてあげたいです。もちろん私がテンパり過ぎないようにしなくちゃね👌🏼

母と同世代のヴィットリオ・タヴィアーニが亡くなり、とうとうタヴィアーニ兄弟の新作が見られなくなってしまいました…いつか追悼は書きたいので、気長に見守って下さったら幸甚です。これからもよろしくお願いします!

2018/05/23 00:52
こんにちは夏さん! 先日コメントしてから一日二回、お返事ないかと来ていました〜 今バンザ〜イgな気分ですU 夏さんのお母様、私と同世代でしょうか…? 私、51年6月生まれ、あと20日ほどで67歳。 高齢出産なうえ、母乳バンバン出るタイプでそのツケが廻った如くアチコチのダメージがハンパないです… とはいえ四人の子宝に文句はありません! 孫に関しては絶望的ですが…… 話変えて、king's singersのチケット取る際にはわざと東京公演を選ぶつもりでした。 なぜなら…もしかして夏さんを誘い出せるかも…の下心からD 娘が名古屋へも来るよ!とチケット二枚サッサと購入してしまいまして-夢-は夢で終了。 ご迷惑かもですが、またスグお伺いします。というか…また後程f
矢舞
2018/05/24 16:16
矢舞さん、コメントお待たせしてしまい申し訳ありませんでした。ここのところ、ブラウザが重くて重くて漢字一文字入力しただけで、延々と変換待たされる始末で、近頃PCあけるのが億劫になってしまっていましたが、今日はなんとか動いてくれてます!

母と矢舞さんが同世代なんてとんでもない!むしろ私の方が近いです〜私の母はもう90才近いので…
お子様4人とは素晴らしい!私みたいなのが日本の少子化を進めてしまっているので面目ないです。

東京に寄られる機会にはぜひお声をおかけください!東京に住んでいると遠出せずして色々な催しに顔を出せますが、先日大津にスケートを見に行くという物好きなことをして、ああ遠征っていいなとあらためて思いました(笑)時には非日常に身を置くって大切なことですよね。懐具合と母のことで、海外旅行は難しくなってしまいましたが、その代わりに一泊二泊の国内旅行もっと行こうかなと思っていますので、名古屋の近くまで行く折にはよろしくお願いいたします。

2018/05/24 23:50
夏さんコンバンハ! お母様90お近いとは! なんだか羨ましいです! そして喜ばしくもあります! そして私ってまだ若いんだ、という勇気もいただきました!! 正直言って、具合悪くなった時アタフタしてくれる身内が居るって良いことです…夏さん御兄弟…おっとこの話はもし、もしもお会い出来ることがあったらお聞きするとして… 近頃聴いている♪♪♪がバリトンに偏っていまして。 D.ホヴォロストフスキーが亡くなるちょっと前から… 容姿端麗、かつ実力ある歌手が次から次へと見つかりまして(-o-;) しかし彼等と渡り合えるテノールは? やはりコレッリ様に蘇ってもらうしか… ただ声の迫力と悪役ぶりで相手を問わないのがーブリン ターフェルでは? ということで今日は夏さんを解放してあげたいと思います m(__)m
矢舞
2018/05/26 19:23
矢舞さん
またまたレス遅くなってすみませんでした。金曜日に自宅のトイレが壊れて大騒動、本日やっと全ての工事が終了しました。人と同じで家も何十年か経つとガタがきまして…工事で若返ることが出来る家がうらやましいような🤔

矢舞さんが今、愛聴されていりバリトンはどなた…?最近オペラに疎くなり、誰だかとんと見当がつきません。きっと声よし顔よしのバリトンですね!そうエットレ・バスティアニーニみたいな…
コレッリ様は8月に都内で没後を15年記念コンサートがあるので、もちろん私はチケット確保済みです!

矢舞さんに刺激されて、久しぶりにYou tubeでオペラ関係ザッピングしたくなりました!また楽しいお話お聞かせ下さい🙇🏻♀

2018/05/28 22:23
おはようございます!夏さん♪ 早すぎかな? 理由は睡眠障害。 でも夏さんの目に触れるのは別の時間帯〜と開き直りです。我が家のトイレもトラブルいろいろ…。 部屋のひとつやふたつ足りなくても別にぃ、ですがトイレばかりは! あ、また話が長くなりそうですが バスティアニーニの名前が出ましたが、私が初めてバリトンに魅了されたのが「イル・トロヴァトーレ」のルーナ伯爵。マンリーコはデル・モナコの代役でガストーネ・リマリッリ。 西洋音楽、ましてオペラに全く興味ない叔母の一声→主役より悪役の方がカッコイイネ! (リマリッリ…いろいろ捜しても記載なしでしたが、フランコ酒井さんが其れなりの評価して下さってました!) 叔母にとってのアンチテノールのトドメは4年ほど後に舞台観賞した「ラ・トラヴィアタ」 小山のようなヴィオレッタと太っちょアルフレード… ウンザリしていた叔母でしたがジェルモン登場で目キラキラ。 配役は謎…ソプラノはレナータ・スコットだった気がします。(年を重ねてステキに…) あ、バリトン、バスバリトンに話を戻して〜 今聴いているのは「トスカ」のスカルピアくらべ。 時代設定変えたモノ増えましたね。 トーマス・ハンプトンの現代版はあまりにカッコ良くて… ブリン・ターフェルの時代や背景??モノ、顔ブチャイクな彼でも長身が映えてやはりカッコ良い! ああいうのを良い、と感じると昔ながらの設定や演出が少々かったるく思えて… 昔ながらならコレッリ様くらいの美しいマリオでないと… シェリル・ミルンズの映画ではドミンゴ(←プラシド君はあまり好みではないので…)でした。 フランコ酒井さん、「バスバリトン大全」もお願いできないでしょうか…? 追記 私が少女時代の大スターは ギャウロフ、ホッター、ディースカウ、そしてバスティアニーニ、スゼーでした。 m(__)m
矢舞
2018/05/29 05:45
矢舞さん、こんばんは
実は私も最近、睡眠障害っぽいんです。酷い時は2時間起きに目が覚めてました…多分、母の介護のストレスかな、と… 先日、職場のメンタルヘルスのアンケートで「ほとんど毎晩よく眠れない」に◯を付けたので、もしかしたら産業医に呼び出しくらうかも(苦笑)皮肉なもので、それ書いた夜からあまり覚醒しなくなりました😅 怖いのは睡眠不足で免疫力が落ちることで、お互いに気をつけましょう!

矢舞さんのおっしゃっているバスティアニーニのルーナは、NHKが呼んだ「イタリア歌劇団」のですか?私が見たことあるのは、RAIのテレビ映画版でレオノーラはレイラ・ゲンチェル。歌手がぶつかるとゆらゆら揺れるような安っぽいセットでしたが、バスティアニーニのセクシーな声と容姿による一世一代のルーナが残った貴重な映像ですね!
イタリア歌劇団の「椿姫」は、NHKが十数年前に放送したの見ました。美声と迫真の演技でレナータ・スコットが薄幸の美女に見えてきましたよ。ほんとに。若きカレーラスの張りのある声も素晴らしくて。

コレッリの映像、もう新しいの出てきませんかねえ。撮影されていると噂されているMETのカラスとのトスカとか…
フランコさん(日本の方)の本、第二弾、第三弾待ち遠しいです!

2018/06/01 23:13
例によってこんな時間にコンバンハ夏さん!です… キングズシンガース、楽しみました♪。長くなるのでお話はまた……今「ドン・カルロ」視聴しながら深夜覚醒楽しんでます(?) '08年のスカラ座収録。 またしてもバリトン(ロドリーゴ)がカッコ良い! 配役はロールが速くて読めません(-o-;) カルロと公女はコロコロ転がった方が似合うかな… エリザベッタは綺麗ですねぇ〜 もう一度配役確かめなくては! そうそう今一番の売れっ子バリトン、アブドラザコフのフェリペ2世と司教(宗教裁判長?)バスの迫力が凄いの見つけました! マルコ・スポッティ。(演出のせいかな) あ、それからお返事遅いなどと気にしないで下さい。こういうコト書けるだけで嬉しいバァさんですから(^.^)
矢舞
2018/06/03 02:43
矢舞さん、お優しいお言葉に甘えてまたまたレスが遅くなってしまいました。こんな私を見放さないでくださってありがとうございます。

「ドン・カルロ」は一番好きなオペラです。もう15年以上前になりますが、サントリーホール・オペラで観た「ドン・カルロ」が最高でした!!!初日にロドリーゴ役のレナート・ブルゾンが声が出なくなり、急遽日本人の若いバリトンが代役に立つというアクシデントの後、残りのキャストが全力で舞台を遂行したこと、楽日にブルゾンが無事戻って来たこと、今となっては良い思い出です。
最近のオペラは全然観てないんですが、エリザベッタはやはり声も容姿もきれいな歌手がいいですね。サントリーホールのフィオレンツァ・チェドリンス、ボローニャ歌劇場来日公演の時の故ダニエラ・デッシも、私が生で観たことのあるエリザベッタ二人とも大合格でした!
ドン・カルロは憂鬱な王子という感じ、ロドリーゴに頼りっきりであんまりぱっとしなキャラですかね(笑)でも好きですけど(笑笑)ルーナ伯爵と並んでロドリーゴはテノールよりいい男が歌うべきかと…
コレッリのカルロはウィーン国立歌劇場のライブCDで聴いたことありますが、正直はまり役ではないような…ロドリーゴより絶対いい男なのが間違いなのかもしれません(汗)

2018/06/09 15:58
夏さん、おはようございます&こんばんは! コレッリのカルロははまり役ではないような←同感です。聴いたこと無いのですが…(恥) あの雄々しい?中音域の力強さ、男の匂い! そしてあのお姿〜 誰がロドリーゴを歌うのですか! 夏さんが一番好きなオペラ「ドン・カルロ」 くどくて申し訳ないのですが…アブドラザコフとスポッティのフェリペと司教(パドレ)聴いてみて下さい。 歌「劇」です! 8月のコレッリ記念コンサート、行く予定立ててます。もしかしてお逢いできるかも… 海外歌手の話ばかりしている私ですが、日本の歌手の丁寧な歌唱も好きです。 コレッリが彼のコンクールで絶賛したロドルフォ(名前が出ません)は出演されるのかな…?
矢舞
2018/06/10 04:14
矢舞さん、こんにちは。一週間に一度のレスで本当にすみません。

お勧めの「ドン・カルロ」はDVDやブルーレイ出てますか?セルしてるなら東京文化会館の図書館で視聴できるかも?あそこは都民ならタダでクラシックのDVD見られたはずなので…長いこと利用してないので、今でも変わってないか分かりませんが。

ご指摘のテノール歌手はNさんかと思われますが、その方ならイタリアで喉を潰してしまったという話です…数年前カムバックリサイタル開いたらしいですが、評判が耳に入ってこなくてどうなってるのでしょう…

コレッリの記念コンサート、私も席は確保してもらっています。お目にかかれますでしょうか!

2018/06/17 15:32
夏さんコンバンハ! お返事なんて気になさらないで、前に書いたように、こういうお話ができるだけで幸せですから〜 アブドラザコフはYouTubeで知りました。 私が無知なだけで今一番の売れっ子なのでした(-o-;) メンドーなので書きませんでしたが、バスバリトン。ドン バジリオが得意らしく、何本もアップされてました。 サミュエル レイミーと重なる役柄も多く、ポピュラーな人気。 ブリン ターフェル位の大男。 この頃私のバリトン好きはフランコ酒井さんのせいでもあります。 「テノール大全」でラモン ヴィナィを知ってから。 バリトンの声質でテノールまで歌い上げる…あの迫力は! それに対処できる声はコレッリ様しか… あ、記念コンサートとても楽しみです。モチロン行きます!
矢舞
2018/06/18 20:58
矢舞さん、こんばんは
アブドラザコフさん、お写真拝見したら、なかなかイケメンですね!バスバリトン…確かブリン・ターフェルもそうでしたよね?
私がオペラ聴くきっかけになったのは、1991年のモーツァルトイヤーの頃に教育テレビで観たカラヤン指揮の「ドン・ジョヴァンニ」で、そこでレポレッロ歌ってたフェルッチョ・フルラネットが好きでした。某オペラ評論家が彼のことを親の仇かなんかみたいに貶していたせいもあってか、なかなか来日の機会がなかったのですが、2000年以降何度か来日してくれて、特にフィリッポ二世は素晴らしかった…イタリアの評論家に「フィリッポ二世を演じているのではなく、フルラネット自身がフィリッポ二世」と言われたほど…サミュエル・レイミーも来日してほしかったです。
アブドラザコフさんもYou tubeで探して聴いてみますね!

8月末、今から楽しみです〜

2018/06/24 23:33
夏さん、ほんの数回だけ、足跡を残した「ニャロメ」と申します。

コメントは随分とご無沙汰しております。

夏さんは既にご存知でしょうが、大ちゃん復帰するのですね。

私、驚きと嬉しさと苦しさで、家仕事が手につきません!!

頭の中、真っ白ですよ(笑)

私の中で、大ちゃん、と言えば、やっぱり『夏さん』なので、真っ先に、ここにコメントがしたかったのです。

場違いのコメントをお許し下さいませ…。
ニャロメ
2018/07/01 20:16
ニャロメさん、お久しぶりです。HN覚えてますよ!ブログ放置しているのに、コメント頂き本当にありがとうございます。真っ先に来て頂いたのに、レスが遅くなり申し訳ありません。

この一週間私も普通の精神状態でいられなかったですー大輔だいすき隊のみんな、もれなくそうだったと思いますが(汗)月曜日に出勤したら沢山の同僚に私が祝福されちゃったし、まあ有り難いことです。

何よりも嬉しかったのは、会見の時の大ちゃんが大ちゃん史上最高にイケメンでキラキラしていたことですね!「自分の為に」「次に進む為に」「もう一度スケートと向き合う」ことを決めて、一点の曇りもない気持ちでいるのが外面に現れていました。
大ちゃんがこんなに一徹で一途なら、私たちも迷うことなく憑いて、じゃなく付いていくしかないですよね!
改めて8年以上前のcobaさんからの言葉「あなたは僕と同じ道を作る人だ」をしみじみと思い出しています。

2018/07/08 23:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
ほんっとにお久しぶりです Il quaderno d'Estate/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる