Il quaderno d'Estate

アクセスカウンタ

zoom RSS Love on the floor"Passion"

<<   作成日時 : 2016/08/13 00:53   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

ひいぃぃ〜更新を3週間もあけてしまいました…
時間的には、高齢で歩けなくなった母に代わって、台所仕事を受け持つようになり、仕事かえってから以前ほど時間が取れなくなったのがあるのですが、それは今までの私が甘かっただけだし、あんまり言い訳にはなりませんね…

とにかくLove on the floorの感想を7/2の大ちゃん中心感想と"Romance"を書いたところで中断、その間にTBSチャンネルで完全版の放送があり、オリンピックが始まって大ちゃんはリオで新米レポーター業に励んでいて、まあいつものことながら、私がブログ書くのも今さらになっちゃったのですが…それでもいつものように、私の気が済まない!という、私以外の方には意味のない意地で、どうしてもこれだけは書いておきたい、ということを覚え書き程度に(と言いつつ、いつも長編になってしまう)。

まず、"Romance"で大好きなナンバーを書き忘れていました!この舞台の主役シェリル・バークの最初の登場シーンでもあるナンバー"I wanna dance with somebody"です。この公演では今時の新しいダンス・ミュージックについて教えてもらいましたが、この曲のホイットニーやマイケル、プリンスなど80年代のヒット曲もいくつか使われていて、昭和洋楽世代にはうれしかったですね〜
音楽と並んで人類の特権である「踊る」ということの喜びに溢れているような明るいナンバーで、そしてシェリルの名詞代わりのようなナンバー。ボールルーム・ダンス出身ならではのシェリルの脚さばきの素晴らしさは、テレビ放送では全身が見切れているショットが度々ありストレスでしたが、一方でニコに花をもらう時のシェリルの表情などは、アップ映像ならではでしたし、ね…。
全体的に、ミュージシャンのPV並みの凝ったカット割りが多く、TBSチャンネルの並々ならぬ気合は感じましたが、でもダンスの舞台の収録は引きの定点中心でよかった気がします。これはツイッターなどでも多数はの意見では。
「実験」でのお立ち台輔でも「ナンバー3!」のところで台輔様の全身ショットでほしかった!等々不満でした。でも、このナンバーでもまた、テレビならではの良いところありましたよ。たとえば生で見た時は、台輔様につい視線を集中させてしまっていたので見逃し気味だったダンサーズもテレビではじっくり見られるし。私は7/2の感想で、「エアロビ」とか書いたけれど、「実験」なんですよねえ。女同士のカップルもあったし、「支配者」台輔様は色々と実験されていたようです。

順番が逆になってしまいましたが、パートU"Passion" は開巻いきなりメリルと男子ダンサー3名が絡むエロティックなダンスにまず仰天…アメリカの振付師さんたちは、メリルにこういうイメージ抱いていたの!?って。でも、元が上品なメリルだから、いやらしくはならなかったのでしょうね。テレビであらためて観て、メリルの脚の美しさ(形と上げ方両方)に同性でも見惚れちゃいました。

ネットで同じ意見を見かけましたが、このパートは、後半の「心の迷い」(モーガンの力強いエロティシズムが炸裂!)〜「実験」〜「対峙」(シェリルとジェームズが組んで踊ると、ぐっと大人のダンスになる)の流れが最高でしたね!


テレビ放送があると、生で観た時に鮮烈に脳裏に焼き付いた印象が、映像で上書きされてしまうという一抹のさびさしさはありますが(アイス・ショーの放送でも同じく)、しかし記録として残る、見たい時にいつでも自宅で見られるというのは何よりも有り難いことです。
こーんなに時間が経ってしまいましたが、残る"Hurt", "Power"も、おいおい書き留めておきたいなーという感じなので、どうか生ぬるくよろしくお願いします。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Love on the floor"Passion"  Il quaderno d'Estate/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる