Il quaderno d'Estate

アクセスカウンタ

zoom RSS 早くもLOTFロス…Love on the floor"Romance"

<<   作成日時 : 2016/07/14 14:46   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

早くも、終演から一週間経とうとしていますね…。私は3回目の鑑賞となった7/7ソワレが最後でしたが、7/9にLove on the floor無事全公演の幕を降ろしました。熱狂の楽のレポやカーテンコールのお写真をツイッッターなどでおすそ分け頂き、幸せをかみしめると同時に祭りの後のさびしさが…
ちょうど昨年の今頃は、ジャージー・ボーイズ・ロスで、今年は同じオーブで観たLOTFロスですよ!

高橋大輔ファンで、彼を観るためにオーブに足を運んでショーそのものの素晴らしさにもはまる→そしてリピーターになる…というコースの人多いのではないでしょうか。はいっ私もそうです!

シェリル・バークがこのショーの女王で、彼女の臣下ともいえる男女4人ずつ計8人のダンサー、そしてこの宮廷の客人でありながら、しっくり溶け込んでいた4人のスケーター。彼らがあるいはソロであるいは様々な組み合わせで、様々なジャンルの音楽をバックにダンスで「愛」を語る、そんなショーでした。
大ちゃんのソロについては、前のページでその時点での感想を書きましたが、その他の感想も書いていけたら、と思います。その中で大ちゃんが他のダンサーと絡んだプロ、また7/7も付け加えられることになると思います。

オープニングのA song for you大輔ソロは、結局7/2の3階最後列で観た回が、一番良かった(もちろん私が観た範囲で)。7/7は、うーん私の考えすぎかもしれませんが、足に疲れが少し来ているようにも見えました←ド素人の感想ですから、あくまでそう見えた、というだけです。若干疲れが垣間見えたからと言って、7/7公演を通して、手を抜いたようなことはけっしてありませんでした。
5日間を置いて観て、一番感じたことは、公演を重ねていくうちに、大輔の動きがとてもダンサーらしくなったということでした。適応力にあらためて感服しました。一番のハンデは、やはり低身長、アメリカ男子ダンサーに比べると手足の短さが目についてしまうことは、スケート現役時代からの宿命(笑)ですが、この辺がたとえば将来的に大輔がアメリカ公演に参加するとしたら、一般観客にどう受け入れられるか、という問題は出てくるかもしれません。もちろん、大輔はあの体型でないと、大輔じゃないし、今回の公演通して一貫していた、彼の日本人ならではと思える所作はユニークな武器になり得ると、私は思っています←これほんと氷上ではそんなに感じられなかったんですよね。舞台だと、とても日本人らしさが際立つのって、面白いです。

クリスティ・ヤマグチは、ルーツは日本人ですが、アメリカ人として生まれアメリカで育ち、引退後アメリカのショー・ビジネス界に身を置いていた彼女のダンスは、やはりアメリカ人のそれだったと思います。
彼女のパートは「ロマンス」だけあって、一番オーソドックスなダンスでした。ナタリー・コールの「スマイル」に乗ってのデート場面なんか、往年のハリウッド映画の「バンド・ワゴン」のセントラル・パークのデートみたいな雰囲気。その後の男子4人の「雨に唄えば」も、比較的オーソドックスだったし。
それにしても、クリスティさん20数年前のオリンピック金メダリストで、お子さんもいらっしゃるのに、信じられないくらい若々しくて、美しい!ペア経験あるとはいえ、シングル出身でここまで踊れるってすごいことです。デート前のパーティでの舞踏会での出会い、女性ダンサーのバラのダンスにも、しっかり溶け込んで、且つ男性からも女性から崇められるレディとして、ショーに大人の雰囲気をしっかり加味させた重要な役どころだったと思います。

大ちゃんとは、ブルージーなFeeling goodで絡みますが、この時の白スーツの大輔のワルっぽさが決まってましたね。7/2はSSで表情もよく見えましたが、見事な「越後屋」顔でした…現役時代から、大輔は時々「越後屋」な表情する時がありますが(越後屋=ワル)、個人的には大好物です(笑)7/7なんか、すっかり不良っぽくなりきって、全身越後屋でしたよ!(この日は3階2列目)。このクリスティとのデュエットは、回を重ねるごとのなれていったのでしょう。7/7のしなやかな身のこなしががすっかり堂に入っていました。


…このページでひとおおり感想済ませるつもりでしたが、次から次へと書くことが湧いてきて、アイスショーの時と同じくシリーズ化決定です…メリル様セクシー炸裂の「パッション」以降は以降のページに続く!
途中、試写会の感想など挟まると思いますが、カタツムリのように完走させる所存なので、よろしくお願いします。

Feeling goodは、マイケル・ブーブレ版でしたよね?
Michael Bublé - Feeling Good [Official Music Video]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
早くもLOTFロス…Love on the floor"Romance" Il quaderno d'Estate/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる