テーマ:旅行

行ってきます!

明日の朝、東京駅から東北新幹線に乗って、仙台に行きます。 幸い、喉の調子は今日になってだいぶよくなりました。風邪をぶり返させないように気をつけて、NHK杯の応援頑張ります! 公式練習では、クワドの調子が上がってきているようですね。靴が合ってきたのでしょうか。どうか万全のコンディションで大ちゃんが試合に臨めますように。 現地組、テレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月14日 下諏訪 その2

ガイドブックによると、春宮からほど近いところに「万治の石仏」という有名な石仏があるというので、足を伸ばしてきました。 「万治三年」(約350年前)という銘があることから「万治の石仏」と呼ばれるようになり、岡本太郎に絶賛されたことで有名になったそうです。 ご覧の通り、石仏としては非常に大型で、ざっくりとおおざっぱな彫り…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

9月14日 下諏訪 その1

当初は、上諏訪の一つ手前の駅・茅野が最寄り駅だという諏訪大社上社本宮と前宮を参拝する予定だったのですが、行きのあずさが茅野に停車した時、そのあまりのふつうの、というかさびしい駅前の様子に不安になりました。 果たして上諏訪に着いて、観光案内で尋ねたら、茅野駅からの上社へのバスの本数は少ないとのこと。 そこで予定を変更、2日目は上諏訪の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月13日 上諏訪

14日午後に無事東京に戻ってきました。 一言で言えば、上諏訪も下諏訪も温泉街ではあるけれど、観光地というより「ふつうの町」でした。ガイドブックのイラストを見て、けっこう賑やかなところかと想像していましたが、ほんとうにガイドブックに載っているお店しか主立った店はなかった…。 買い物をするところがなかったし、正直なところすぐに見て回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

諏訪湖の畔

旅行用のwi-fiルーター持参したのですが、ホテルのLANにうまく繋げられなかったので、i Phoneのメモ帳に書いているこの日記、首尾よく3Gでアップ出来るとよいのですが… 唐突ですが、今上諏訪に来ています。秋冬にスケート遠征もあり得るし、夏休みは特に予定建てていなかったのですが、職場の新人さんが一人旅大好きというのに刺激されて、私…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

NHK杯観戦・北海道旅行記 二日目・その4(エキシビション)

ようやく私のNHK杯観戦記も、最後のエキシビションまできました。いや~長かったですね~ 実は東京に戻って、録画予約したものを見たら、男子シングルフリーが放送時間変更らしくまるっと録画出来ていなかったのと、EXが真央ちゃんのところでぷつっと終わってました…。後者はHDの容量不足でした…。つまり優勝者たちの演技が見られないということ。大ト…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

NHK杯観戦・北海道旅行記 二日目・その3(男子シングル・フリー 第2グループ最終滑走+表彰式)

この頃になると、最終滑走者のことを考えてもう心臓バクバクで、それに加えて「6分間練習で降りたし、今日は本番でも4F成功するのでは…?」という期待が否が応にも高まる始末。小塚くんへの大量の投げ込みの片付けとベルネルと同じくファンとのハグが続いて、既にリンクに上がっている大ちゃんの身体が冷えるのでは?精神集中に支障があるのでは?とやきもきし…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

NHK杯観戦・北海道旅行記 二日目・その2(男子シングル・フリー 第2グループ)

つぶやきでもくどくどと言い訳していますが、近頃めっきりと疲れやすくなり、仕事のあった日の夜にブログを書くことが出来なくなってきてしまいました。ブログを始める前だから7,8年前になりますが、残業が多い仕事していて帰宅が午後9時過ぎても、ほぼ毎日日記更新していた頃が夢のようです。寄る年波には勝てません…コホコホ。 それから、持ち主とシンク…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

NHK杯観戦・北海道旅行記 二日目・その1(男子シングル・フリー 第一グループ)

前夜は女子シングルの表彰式が終わったのが9時頃で、シャトルバス→地下鉄と乗り継いで、ホテルにたどり着いたのですが、その辺りのスケート以外の旅日記は後でまとめて書きます。 11月13日(日)。 真駒内での食糧事情対策として、朝食をホテルのバイキングで摂ることにしました。もともとは素泊まりだったのですが、1,100円払って朝食券を購…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

NHK杯観戦・北海道旅行記 初日・その4(女子シングル・フリー)

GPS最終戦のロステレコム杯も始まり、まったくのとこと需要がないことは分かっているのですが、例のごとくまずは自分の旅の思い出を第一の目的として、二週間前のことを書いてみます。正直、記憶は遠くなっているし、録画を見てしまったので、生で見た感想100%ではなくなってしまっていると思いますが、出来る限り当日感じたことを思い出すよう努めます。 …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

NHK杯観戦・北海道旅行記 初日・その3(男子シングルSP)

当然のことながら、各競技の間には製氷時間があります。真駒内アイスセンターにはレストランがなく、廊下に売店があったのみ。肉まんやうどんなど暖かい食べ物も少しはありましたが、ベンチが空いていないと立ち食いする状態です。私は札幌のデパ地下で仕入れたサンドイッチを昼食として既に食べていましたが、朝からろくな食事を摂っていないので、そろそろガス欠…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

NHK杯観戦・北海道旅行記 初日・その2(ペア フリー)

あっと言う間に一週間たってしまいました。(年の所為か)仕事のある日は疲れて書けなくて、なかなか更新出来ず、記憶がだんだん薄れてきたので、よい観戦記書けないと思うのですが…。 アイスダンスのような衝突や怪我こそなかったものの、ペアのフリーもちょっとした波乱に満ちていました。 カナダの若いペア、ピュリッチ&シュルツは、演技後半のスピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK杯観戦・北海道旅行記 初日・その1(アイスダンスFD)

どのくらいスケートのことが書けるか分かりませんが、まずは旅の最初から振り返ってみようと思います。 5:00、5:05、5:10、5:15分と4度もi Phoneのアラーム設定しておいたのに、そういうのは無視するのが得意な私が起きたのは結局5:20。バタバタと家を出て、なんとか8:15のフライトの30分前に搭乗手続きを済ませました。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

箱根一泊のんびり&どたばた旅行記

プチ夏休み第二弾。母と箱根湯本に一泊旅行に行ってきました(9月15~16日)。 母の膝が悪くて歩け回れないので、温泉とグルメのみの旅でした。 …出かける前に、乗換駅の駅のエレベーターの有無は調べておいて万全を期していたつもりだったのですが、詰めが甘かった。旅館に着いたら、なんとエレベーターが設置されていない古い建物だったので…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2001年ウィーン・シュタッツオーパー 「ホフマン物語」覚え書き

前のページで、2001年にウィーンのフォルクスオーパーで『メリー・ウィドウ」を観たこと書いたから、シュタッツオーパー『ホフマン物語』のことも書かないわけにいかなくなりました~『メリー・ウィドウ』と同じく、10年前のこととて、記憶に残っていることの覚え書き程度です。 前のページに書いたとおり、海外販売分を取ることが出来ず(FAXで申…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2001年ウィーン・フォルクスオーパー・覚え書き

最近、ブログがネタ枯れ気味です。 いや、来週になれば四大陸選手権が始まるので、ネタがどかーんと来るのは分かっていますが、それまでこれといったことがなさ気で…。 ぶっちゃけると、相撲界の今後が今一番の関心事(心配事)なのですが、書き始めたらぐだぐだになりそうなので、もう少し経過を見てからにします。 それにしても、今まで時々覗いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア弾丸旅行~11/30 「旅の終わり」

月曜日だからでしょうか、朝食に降りていくと、食堂の客は私一人。食事を済ませて、フロントにチェックアウトの時間を聞くと、「正午でも1時でもいつでも」という四つ星ホテルにしては(だから?)、アバウトな回答。 とはいえ、荷造りが終わってしまったら、いつまでも部屋にいても仕方ないし、10時過ぎにチェックアウトしました。帰国の飛行機は6時発で、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

イタリア弾丸旅行~11/29 「パラオリンピコ ZERONOVETOUR 私も歌ってます」

前のページに書いたとおり、11月29日のトリノ パラオリンピコでのZERONOVETOUR、レナート・ゼロ2時間半歌いまくりで、私も充分堪能してきましたが、しかしちょっと意外だったことも。何しろキャリアの長い人だから、代表曲はたくさん持っているのですが、それらの多くが歌われなかったのです。特にレナートの超代表作、1977年の"Il Ci…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

イタリア弾丸旅行~11/29 「パラオリンピコ ZERONOVETOUR 2時間半歌いまくり」

舞台上には平面的な扇のような傘の内側を半分にしたような装置が3体置かれ、それがスクリーンになって、レナート・ゼロが過去に着たとおぼしき変衣装の数々が、続いて壁にアルバム・ジャケットなど若かりし頃からのポートレートが映し出され、1977年の"Vivo" 「生きる」でコンサートはスタートしました。 …という私のつたない描写より、百聞は一見…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イタリア弾丸旅行~11/29 「いよいよパラオリンピコ ZERONOVETOUR開演」

午後6時過ぎ、いよいよパラオリンピコに向けてホテルを出発しました。外は既に日が落ちて、国立映画博物館を出た時、既にぽつぽつときていた雨が今やびしょびしょと降っています。緊張のあまりかお腹があまり減っていなかったので、駅の近くのバールでエスプレッソとブリオシュで腹ごしらえをしただけで、トラム(市電)の4番に乗り、パラオリンピコへ向かいまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア弾丸旅行~11/29 「国立映画博物館」

生涯たった一度のツアー旅行(卒業旅行)と、以前オーバーブッキングになった時にアリタリアから提供されたホテルに泊まって以来、四つ星ホテルとは無縁だった私は、ディナーならともかく朝食程度で大げさな…と我ながら思いましたが、一応今日はジーンズでなくスカートにしました。アメリカン・スタイルの朝食を摂った後、フロントに寄りましたが、やはりFeDe…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

イタリア弾丸旅行~11/28 「ヴェネツィアからトリノへ」

ヴェネツィアからトリノまでの列車は、普通ミラノで一度乗り換えなければいけないのですが、日に何本かヴェネツィア(サンタ・ルチア駅)→トリノ(ポルタ・ヌォーヴォ駅)までの直行の特急が出ています。たった一日の滞在だったヴェネツィアに心を残しながら、朝8時50分発のトリノ行きヨーロスターに乗りました。サンタ・ルチア駅まで送ってくれた丸ちゃんと別…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

イタリア弾丸旅行~11/27 「ヴェネツィア散策」

疲れがどっと出たのと、前夜就寝したのが遅かったので、目が覚めたらもう正午近く…。ただでさえ、ヴェネツィア滞在がたった1日になってしまったのに、これはいくらなんでも起きるのが遅すぎた…。 丸ちゃんは、私のために開催中の展覧会など調べてくれていたのに、結局この日はヴェネツィア散策になりました。でも、観光客向けのよそいきでないヴェネツィアを…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

イタリア弾丸旅行~序章 「欠航 そして船でヴェネツィア入り」

11月25日(水)、5時に仕事を終えたその足で成田に向かいました。既にスーツケースは宅配業者に預けて成田に届いているはずなので、荷物は機内持ち込みのデイパックのみ。前夜にエールフランスのサイトで「オンライン・チェックイン」を済ませていることもあり、午後9時55分発のエールフランス、パリ行きの最終便には余裕で間に合いました。 しかし…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

帰国しました

就寝前に一言、帰国のご報告。 まず、パリ行きエールフランス最終便が欠航→成田で一泊→翌日の午後出発というアクシデントで始まりました。おかげで、木曜日の早朝にヴェネツィアに到着するはずが、その日の深夜に空港→水上バスでヴェネツィア本島着。実質1日の滞在(泣)でヴェネツィアからトリノに入ったものの、11月29日パラオリンピコでのレナー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イタリア旅行

唐突ですが、あさって11月25日~12月1日までイタリアに行ってきます。水曜日の仕事が終わってから、成田に向かい、エールフランスの最終便に乗り、ヴェネツィア2泊、トリノ2泊して12月1日の夜に成田に帰ってきます。9月から新しい仕事に就いたばかりで、あんまり長く休むのも不味いだろうと思い、弾丸個人旅行にしました。12月1日に帰宅するのは、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

イメージ戦略…?

今日、田園都市線に乗ったのですが、今、各国観光局や旅行代理店が組んだキャンペーン中なのか、一台目は車内広告のすべてがドイツ観光お誘い、二台目は同じ趣旨でフランスでした。 フランスの方は、モナリザの実物大のポスターや、多少強引なれどモン・サンミッシェルと厳島神社の鳥居の合成写真で日仏ともに「伝統の国」と強調する趣向がこらされていました。…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

熊野詣

近頃ますます流行りの「ディ・アゴスティーニ」風味というか、シリーズものの刊行ですが、新たに集英社から「古社名刹 巡拝の旅」というシリーズが始まりました。創刊記念\190というお値段と「巡拝の旅 立体地図」にひかれて、早速第一巻「平城の旅 奈良」を購入しましたが、今日書店に第二巻「熊野古道」が並んでいました。これも手に取って見て、美しいグ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

イタリアに行って解った己の姿

早く旅行記を書かないと、細かいこと忘れちゃう!そろそろあの日の夕食どこで何いただいたっけ…と記憶が薄れてきているではないですか。 今日は、5年ぶりにイタリアに行って、自分にどういう傾向があるか解ったことを書き抜いてみます。 その1 : 私は歩くのが遅い 歩くのが遅いのは、最近日本においても感じているので、イタリア人の歩…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

異邦人としての視線

Prima voglio dire sinceramente. Per Massimo e Marzia. Vi ringrazio tantissimo di cuore. E Cristiana e Liza, ero molto contenta di rivedervi. Quel viaggio mi ha f…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more