テーマ:音楽

イーグルス讃 「呪われた夜」

イーグルスのリーダー、グレン・フライ2016年1月18日に亡くなって早や1年と2ヶ月半 近くが過ぎました。一周忌は過ぎてしまいましたが、もう一度(と言わず何度でも)振りかえってみます。 イーグルスの代表作はというと、もちろん世界中の人が「ホテル・カリフォルニア」を挙げることでしょう。何しろ発表当時、社会現象並みに日本の一般紙まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『シング・ストリート 未来へのうた』

『シング・ストリート 未来へのうた』 "Sing Street"2015年 アイルランド/米/英) 上記公式サイトにアクセスすると、トレイラーの音声が流れるので、ご注意下さい。 アイルランドのロック・バンドで活動していたミュージシャン出身のジョン・カーニー監督の作品を初めて見ました。 1985年のアイルランド、ダブリンを舞台野…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「駆け足の人生~ヒストリー・オブ・イーグルス」 パート2

「駆け足の人生~ヒストリー・オブ・イーグルス」 大乱闘の末に解散で終わったパート1の感想で終わらせてしまったら、ハッピーエンドでないので、パート2の感想も書きますね。 イーグルス解散後の80年代ーグレンとドンは各々ヒット曲を連発し、ソロ・ミュージシャンとしての地位を確立。マネージャーのエイゾフは何度かイーグルス再結成を企みます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「駆け足の人生~ヒストリー・オブ・イーグルス」 パート1

最初に、東日本大震災から5年の今日、犠牲になられた方のご冥福とともに、なお一層の復興をあらためてをお祈り申しあげます。 私事ですが、あの3.11の数日前に、私にとってのイーグルスの最後の(と呼んで差し支えないでしょうか…グレンが逝ってしまったから)東京ドームでのコンサートがあったので、しばらくの間、震災がセットで思い出されてなりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

永遠の「テイク・イット・イージー」

ちょっと旧聞に属しますが、やはり書いておこうと思います。 2月16日のグラミー賞授賞式で、イーグルスのメンバーに盟友ジャクソン・ブラウンが加わり、1月18日に亡くなったイーグルスのリーダー、グレン・フライへのトリビュートとして「テイク・イット・イージー」が演奏されました。 ぶっちゃけると、私はYou tubeで観たのですが、既にほと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"We are Eagles from L.A." グレン・フライ追悼

火曜日の夜に無線ルータが壊れてしまい、しばらくPCが使えない状態でしたが、新しいルータを購入して、再びPCからブログを書けるようになりました。 その火曜日、19日に思いがけない訃報が届きました…。 イーグルスのグレン・フライさん死去 年が明けてから、デヴィッド・ボウイ、アラン・リックマンと60代後半の訃報が続きましたが、な…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

「ジャージー・ボーイズ」スピンオフ短編映画 "Everybody knows my name"

私の今年の10大いや5大ニュースに間違いなく入るイベントのひとつが、『ジャージー・ボーイズ』の来日公演。 私もご多分にもれずに映画版から入って、6~7月にシアター・オーブでの日本公演でさらにハマるはめになったわけで、以来YouTubeで関連動画をよく見ています。 つい先頃は、開演10周年のブロードウェイに、ラスベガス、アメリカ・ツアー(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男

『ジェームス・ブラウン~最高の魂を持つ男』(テート・テイラー監督2014年)t 上記公式サイトにアクセスすると、大音響で「ゲロッパ」が流れるので、ご注意ください。 ご存じ「ゴッドファーザー・オブ・ソウル」ジェームス・ブラウンの伝記映画で、なんとエグゼプティヴ・プロデューサーをミック・ジャガーが務めています(若き日のミックらスト…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

追悼 コリー・ウェルズ わが思い出のスリー・ドッグ・ナイト

少しばかり旧聞に属する訃報ですが、やはり追悼記事は書いておこうと思います。 スリー・ドッグ・ナイトのコリー・ウェルズが他界 何を隠そうスリー・ドッグ・ナイトは、私が中学生の時に初めて行ったコンサートだったのです。もちろん東京武道館です。洋楽に興味を持ち始めていた頃とはいえ、確か同級生たちに誘われるままにグループのこともよく知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ジーザス・クライスト・スーパースター」

前のページで予告したとおり、映画版『ジーザス・クライスト・スーパースター』(ノーマン・ジュイソン監督1973年)をDVDで鑑賞。 久しぶりに見たら、さくさくとストーリーが進んだので、ちょっと意外でした。昔見た時は、もっと重厚に物語が進んでいたように記憶していたのですが、若い時(中学生でしたから…その後も1,2度見ているはずですが)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ジーザス・クライスト・スーパースター」 40年後のジーザス

シルバーウィークに引いた風邪がなかなか抜けずに、この土日も家でゴロゴロして、時間つぶしにYou Tube見たりして時間つぶししていましたが、おおっ!という動画にたどり着いたので、記事にしようと思いつきました。 映画『ジーザスクライストスーパースター』は、私はなんと中学校の映画鑑賞で見に行きました。キリスト教の女子校だったので…先生…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ブロードウェイ・ミュージカル「ジャージー・ボーイズ」WinterⅡ

映画ではこの場面に続いて、1990年の「ロックの殿堂」になりますが、前述したように、本来は「君の瞳に恋してる」→フランシーヌの死→ロックの殿堂という順番でした。 ここでの語りでも、映画でカットされていたことは色々あり、舞台ではメンバーの「その後」がもっと詳しく分かったのが収穫でした。中でも、ニックのその後…フォーシーズンズを脱退した後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブロードウェイ・ミュージカル「ジャージー・ボーイズ」WinterⅠ

性懲りもなく、3週間前に楽を迎えた『ジャージー・ボーイズ』鑑賞の感想続きです…そうこうしているうちに、来年、日本人キャストで、世界初のオリジナル演出の『ジャージー・ボーイズ』の上演が発表されるという新展開が。台詞だけで泣く歌詞も日本語になるとしても、それはまあいいとは思うけれど、振り付けが変わったらどうだろうなあ?私はオリジナルのあの振…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブロードウェイ・ミュージカル「ジャージー・ボーイズ」autumn

更新滞らせているうちに、東京は梅雨が明けてしまいました。 この間、私は青梅市の御岳山の宿坊に泊まりにいき、また一昨日は杉並公会堂に「マリオ・デルモナコ生誕100周年 レナータ・テバルディ没後10周年記念ガラコンサート」を聴いてきました…が、空気読まずに時間を遡って「ジャージーボーイズ」第二幕の感想仕上げますー(6/23と7/5楽の二回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブロードウェイ・ミュージカル「ジャージー・ボーイズ」楽日そしてSummer補遺

ジャスト1週間経ってしまいました…7月5日、2回目の『ジャージー・ボーイズ』楽日に行ってきました。 …終わっちゃったなあ。今年の7~8月は、例年ほどのアイスショー通いはないし(いや最低でも1公演は行きますよ。でも足を運ぶ回数はどうしても減りそうなので)、なんだかこれから楽しみがあるのかなあ~? それはさておき。 楽日は、1回目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブロードウェイ・ミュージカル「ジャージー・ボーイズ」Summer

ブロードウェイ・ミュージカル「ジャージー・ボーイズ」(東急シアターオーブ) 17才のボブ・ゴーディオがグループのオーディションを受ける為に現れ、ナレーションはトミーからボブへ、季節はSummerに移ります。 映画のボブ役のエリック・バーゲンは、クセ者感のあるイケメンでしたが、舞台のドリュー・シーリーは甘い二枚目(死語ですかね?)タイプ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブロードウェイ・ミュージカル「ジャージー・ボーイズ」Spring

ブロードウェイ・ミュージカル「ジャージー・ボーイズ」(東急シアターオーブ) 日本では、昨年公開されたクリント・イーストウッド監督の映画で有名となったブロードウェイ・ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』の日本公演に行ってきました…恥ずかしながら、この私も映画ニワカファンでございます。 公演二日目、6月26日のマチネーで、追加公演だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元気が出る音楽・ロック編

元気が出る音楽シリーズ、今回はロック編で! 真っ先に浮かんだのが我らが80年代のこの曲。 Van Halen - Jump なんというか何も考えないで見られる、聴けるのがいいんです。この人たちもしかしたら実は賢かったのかもしれませんが、このPV見る限りではひたすらバカっぽくて、それがいい(笑)元気にジャンプして、あと…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

元気が出る音楽Ⅱ

ちょうど1年前に元気が出る音楽という記事をアップしましたが、大ちゃんもアメリカ行っちゃったし、さびしさをまぎらわすためにも第二弾考えてみました! 伊福部昭ファンの私としては、ますは伊福部マーチですね。一番有名な「怪獣大戦争マーチ」は同じ旋律(使い回し)の「宇宙大戦争」を昨年挙げたので、今回は別のマーチにします。 地球防衛軍マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

live again

神戸から帰ってきて、まあ一種の抜け殻になっていたのですが(笑)、疲れがどっと出たのか、はたまた寄る年波に勝てなかったのか、日曜日に酷いめまいと頭痛でダウンしてしまい、今日(月曜日)は、有休を取りました。医院でめまいの薬をもらい、今は治まりましたが、チャリティー演技会の大ちゃん以外のスケーターの感想が書けていないのが気がかりです。…そうで…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

クリント・イーストウッド監督 「ジャージー・ボーイズ」

2月8日、いつも試写会にご相伴させて頂いている友人からまたまたお誘い頂き、「第88回 キネマ旬報ベスト・テン 第1位映画鑑賞会と表彰式」(2月7日 文京シビックホール)に行ってきました。ほんとうに度々お誘いありがとうございます。…私も余った年賀状とかで試写会の申し込みガンガンすることにしました! 雑誌「キネマ旬報」はなんと創刊が大…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

フランコ酒井・著 「失われた声を求めて」

『失われた声を求めて オペラ録音史を彩った花形テノールたちとその蔭に埋もれてしまった名歌手たち」(フランコ酒井・著 DU Books) 久々にオペラの話題、新刊書について今日は取り上げます。 かねてよりフランコ酒井さんのオペラへの愛と博識には感嘆されられ、多くのご教示をいただいていました。今まで、オペラの書籍の中の一部の執筆を担…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「アナと雪の女王」 日本語吹き替版

GWに見た『アナと雪の女王』字幕版はコチラ、に感想文がありますが…今さらながら日本語吹替版を見てきました。 何しろ「ありのままに」が大ヒットしたし(実は英語版を見た後に、イディナ・メンディスと聞き比べて、松たか子の方をi tunesでDL購入しました!)、神田沙也加の歌唱もYou tubeで断片的でも耳にして、日本語吹き替えもレベ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第4回伊福部昭音楽祭 第二部 映画「ゴジラ」全曲

途中でプリンスアイスワールド東京公演が挟まって、中断してしまいましたが、7月13日のコンサートのこと、どうしても全部書きたいので、再開します。 第4回伊福部昭音楽祭 第一部 第4回伊福部昭音楽祭 第二部ゲスト・トーク の続きです。 この日のハイライトは、60年前に主演した宝田さんも客席で見守る中、映画『ゴジラ』(1954…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第4回伊福部昭音楽祭 第二部ゲスト・トーク

第二部冒頭にゲストとして、ステージに登場したのは、宝田明さんで、「尾方!」と初代『ゴジラ』で演じた役名で客席から声が掛かりました。 宝田さんは『ゴジラ』当時が20才、現在80才だそうですが、今でもなんと背が高くスタイルのよいこと!第一部からの司会の方の片山杜秀さんとの質疑応答の形のトークでしたが、60年前の記憶もすらすらと出てくる様子で…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

第4回伊福部昭音楽祭 第一部

昨日(7月13日)、ブログの不愉快なコメントを目にして、気分まで悪くなってしまいました。不調を押して出かけたのですが、やはり精神的なものだったのでしょうか、美しく壮大な音楽を聴いたら、悪寒がきれいに収まりました!私のような了見の狭い人間でも、気高い精神が結晶した芸術に触れれば、浄化されるのだとあらためて痛感させられました。 ゴジラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミーハー道をゆく

Wikipediaより「ミーハー」の語源 ミーハーとは、1927年(昭和2年)に公開された松竹映画『稚児の剣法』でデビューした林長二郎(後の長谷川一夫)のファンのために作られた言葉である。松竹は林のデビューに当たり、当時で二万円という巨費を投入してこの美貌の俳優を売り出した。林はたちまち若い女性の間で大人気となり、彼女らが好きな「みつ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

元気が出る音楽!

10日ほど前から、首から肩、腕に痛みが出て、数年ぶりに頸椎ヘルニアが出たかと思って、整形外科で鎮痛剤や湿布を処方してもらっていましたが、1週間くらい前から今度は左胸から背中にかけてポツポツと発疹が出て、痒いの痒くないのって。。 いやだなあダニが出たのかなあと思い込んで、先週末はアースレッド焚いたりしていましたが、いつまでたっても痒みは…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

「アナと雪の女王」字幕版

『アナと雪の女王』 "Frozen"(ディズニー・アニメーション・スタジオ クリス・バック、ジェニファー・リー監督2013年) メガヒットの映画を見てきました!考えてみたら、私はディズニー・アニメを劇場で見たのは、『美女と野獣』以来でした。言っときますが、私は物心ついた時からディズニーアニメと東映まんが祭りで育ったみたいなものでしたが…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

クロード・フランソワ伝記映画 「最後のマイ・ウェイ」

『最後のマイ・ウェイ』 "My Way"(フロラン=エミリオ・シリ監督 2011年) 上記公式サイトにアクセスすると、トレーラーの音声(And this is my way♪)が流れますので、ご注意下さい。 1960年代から70年代にかけてフレンチ・ポップス界に君臨し、不慮の事故で39才で亡くなったクロード・フランソワの伝記映画です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more