西日本フィギュアスケート選手権2018

愛知県、日本ガイシアリーナで開催された2018年 西日本フィギュアスケート選手権を2日間に渡り観戦して、既に1ヶ月半以上が経過しました。その後、N杯のレジェンドオンアイス、GPS→GPFも終了、先週末には大ちゃんの出ないXOIに行ってきました。平成最後の全日本選手権も明日から開幕、今さらも振り返りもないのですが、全日本の前祝いのつもりで、駆け込みで西日本選手権についてまとめておこうと思います。

最初に宣言しておきますが、大ちゃんの試合の生観戦で(比較的)余裕かまして観ていられたのは、2012年の国別対抗のFSブルースに続き、今回の西日本選手権が2度目です(ドヤ)…名古屋に出発する前日は胃もたれがひどくてあまり食事が取れず、「名古屋に行くのに困ったな」と思っていたのですが、今思うと「大ちゃんの試合前の極度の緊張」で食欲減退していたようです…私が滑るわけではないのに。私にとって5年ぶりの試合観戦が5年ぶりということだけでなく、10月の近畿ブロックでの大ちゃんのオーラなしスタミナなしのFSのTES「38点」の所為でしょう…あのブルースの初お披露目のJOで男子ぶっちぎりの「TES58点」を目の当たりにして「今後これより低い点数出す大ちゃんを観ることはあるまい」と思っていたのに、それを下回る点が出るとは…。もし、西日本通過出来なかったらどうしよう…と食欲不振(本人比)の状態で11/3東京駅から新幹線に乗り込みました。
ここで偶然にも隣の席が同じく大ちゃんの応援で西日本選手権に向かう方だったのです。おかげさまで名古屋に着くまで熱く語り合って時間を過ごし、この時点で私の気持ちがぐっと軽くなりました。
そして「これは大丈夫!」とほとんど確信に近い感覚を得ることが出来たのは、シニア男子第一滑走で登場した大ちゃんが滑り出してすぐでした…大ちゃんって昔から表情に精神状態がストレートに出るし、ショーの時でもオープニングの一蹴りでその日の調子がだいたい分かる人ですよね(少なくとも、私はそう見てます)。
そして11/3午後、紫の新衣装で登場した大ちゃんの表情を見て気力の充実を、「 シェルタリング・スカイ」滑り出しでスケートの好調さがはっきり分かりました。演技そのものはコンボ乱れたし、スピードを抑えて慎重すぎなのではないかというようなことを隣で一緒に観戦した方と話したものですが、とにかく「FSも行けそうだな」と感じて、第二滑走以降の選手たちの演技もじっくりと観戦できて、すっかり食欲が戻りました(笑)

翌日は、朝9時からの公式練習から会場に赴きましたが、恥ずかしながら私は試合の公式練習を見学するのは初めてでした。
…公式練習っていいもんですねえ。大ちゃんが滑っているのを20分近く見られるんだから!観戦歴2006年からなのに、私はそんなことも知らなかったんですよ今まで。
大ちゃんはコンビネーション含めた3Aはほとんどクリーンに降りて、3Lz、3Fすべて高さがあるジャンプ、サルコウに至っては「簡単でしょうがねーな」という感じでした。何より自信のある表情を見て、「うむ。これはいける」と昨日のSPで得た確信をさらに強くすることができました。
練習の中では、特にPale green ghost at the end of Mayで右手上げ→ soldiers of this black highway`で両手上げ→3Aを曲かけ以外でも、繰り返し練習していたのが印象に残りました。

さて、他の選手のこと、女子のことなど大幅に省いてしまいますが、一気にその晩の男子FSに飛びます。もうね「持っている」というしかないのでしょうが、SP第1滑走引き当てたと思ったら、FSは最終滑走 だなんて話出来すぎですよ〜 その最終滑走のPale green ghost. 高橋大輔にオーラが戻ってきた!スピードも出ていたし、ジャンプも着氷が少し乱れてコンボつけられなかったのがあったくらいで、あの体力も自信もなさげだった近畿ブロックから短期でよくぞあそこまで上げてきたものです。
今まで大ちゃんのFS試合プロのマスターピースは、「オペラ座の怪人」と「ブルース・フォー・クルック」だと私は思っていたのですが、ひょっとしたらPGGが最高傑作になるのではないかという予感すらしています。ニコライ・モロゾフ、パスクァーレ・カメレンゴに続いて、ブノア・リショーという素晴らしい振付師に巡り会えて、かつて大ちゃんが言った「必要な時に必要な人が現れる」という言葉を今また噛み締めています。

大ちゃん不在で砂を噛みしめる思いで観戦した2014年のさいたまワールド(アボット一世一代の「エクソジェネシス」を見られたけれど)以来、私は試合の会場に足を運ばなくなっていました。時々、6分間練習のあの引き締まった空間を懐かしく思い出していましたが、まさかまた「大ちゃんがんば!」の声をかけられるようになるなんて…
今回、西日本選手権を観戦して、試合会場というものがどんなにか素晴らしい空間なのか、まるで自らに課していた封印を解いたかのように思い出しました。
大ちゃんだけでなく、例えジャンプのレベルは低くても、全日本出場のために全てを賭けて試合に臨む全ての選手に感動しました。全日本を決めたキスクラで選手達が流した涙の価値は、オリンピックや世界選手権の選手達のそれと全く等価値なのです。
今回、素晴らしい演技が続出しましたが、もし満員の客席の熱量が選手達に良い方向に作用していたなら、いち観客としてうれしいことです。
友野君の「リバーダンス」も熱かったし、耕新君のSPや笹原景一朗君の”Salvation”にはスタオベしたほど。女子の大庭さん、細田さんも印象に残りました。

いよいよ明日から全日本。出場を勝ち取った全ての選手が怪我なく悔いなく滑り切ることが出来ますように。そして大ちゃんが高橋大輔選手が競技者として、表現者として納得いく結果を出すことが出来ますように。
私はテレビ観戦になりますが、西日本の現地の時と変わらぬ応援をするつもりです!

P.S. SPについてはあまり書きませんでしたが、N杯レジェンドオンアイスで滑っているのをテレビで見て、こちらの完成形への道も見えてきた感があったので、楽しみです。

"西日本フィギュアスケート選手権2018" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント