二人のカラフ

久しぶりに、ほんとうに久しぶりにフィギュア・スケートの試合を、テレビ観戦ですが、手に汗握って見守りました。もちろん日本時間で今朝結果が揃ったスケート・アメリカです。

全然、自慢できることではありませんが、昨シーズンから本腰を入れて試合観戦する気力がなくなっていました。もちろん大ちゃんの現役引退が大きな要因ですが、それだけではありませんでした。全日本~ソチ、そして大ちゃん欠場でも気持ちを奮い立たせてさいたまアリーナまで足を運んだ世界選手権で、はっきり書くと心が折れてしまったのです。
もちろん大ちゃんのスケートが大好きなことは少しも揺ぎないから、大ちゃんの出るショーには足を運びましたが、自分でも思い寄らなかったほどに「試合」に対する一種のトラウマが生じていたようで…「スケオタじゃない」と言われれば、それまでですが、見栄を張っても仕方ないので、敢えてそのそしりを受けます。

それが、今回のスケート・アメリカ、昌磨君のシニアGPSデビューということでいつも以上に興味を持ち、最初はツイッターでSPの速報を読み、それから地上波の放送で、宮原さんのSP「ファイヤー・ダンス」で一気に引き込まれました。続いて見た男子シングル…地上でカットされたマックス・アーロンのSP、オペラ『トゥーランドット』より「誰も寝てはならぬ」が衝撃でした。いわゆる「覚醒」というやつでしょうが、今までのアーロンとは見違えるような鮮烈な演技。ただのジャンピング・ビーンじゃなくなって、力強く確実なジャンプとメリハリのある情感溢れる演技に進化していました。3本目のジャンプの4Sからサーキュラーステップにかかったところで、涙が出そうになりました。大ちゃん以外のスケーターの演技で、テレビで見ただけで涙出てきたのは、2010年N杯のアボットの「ライフ・イズ・ビューティフル」以来かもしれません。今シーズンからミルズ先生の振付にしたそうですが、まっちーとは別の方向性でミルズ先生とは相性がよさそうでうね。
この男性的な力強いスケート、ヤグディン思い出しますね。特にソルトレーク五輪と長野ワールドのEXナンバーOvercome(モロゾフ振付)ね。

そしてSP4位につけていた宇野昌磨のフリーの曲は、奇しくも『トゥーランドット』。アーロンのSPを見て「これこそカラフ王子!」と舞い上がっていた私は、そしてもう一人若きカラフを見つけることができました。DOIのテレビ放送でこのプロを見た時は「昌磨に”トゥーランドット”は(年齢的に)早いなあ」と思ったのでしたが、どうしてどうして。滑りこなしたら、「氷の姫君」トゥーランドットへの恋に燃えるカラフ王子になっていました!こちらが思っていた以上に、男性的な演技をするスケーターになりそうですね。

私はヤグディンがきっかけでスケートを見るようになったから、おおざっぱながらそのカテゴリーに入るであろう大ちゃんやジュベールが現役引退して物足りない思いをしていたのですが、まだまだ血脈は続いていたんだ!と心強くなりました。
それにしても、アーロンも昌磨も、クワド2本それも2本目は演技後半に2本目を持ってくるとは、いやはや末恐ろしい頼もしい。
二人のカラフがSPとフリーで1位を分けて、総合はアーロンGPS初優勝、昌磨は初GPS初表彰台おめでとうございます!
3位のブラウン君の『ピアノ・レッスン』のステップシークエンスにも感動したし、ほんとうに久しぶりに試合を堪能しました。なんだかキスクラ見ても、トリノ~バンクーバーの一番楽しかった頃の雰囲気が帰ってきたように感じたのは、考えすぎでしょうか?点数インフレがなかったというだけではないのかな?

テン君とムラ君の怪我に起因するらしき不振が残念でしたが、しっかり治して次の機会は万全に臨んでほしいです。まだシーズン始まったばかりなのだから。

スケート界に若きカラフが何人いてもうれしいけれど、オペラのカラフは私は一生この方しかいません!
Nessun Dorma- Franco Corelli

この記事へのコメント