アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「歌舞伎」のブログ記事

みんなの「歌舞伎」ブログ

タイトル 日 時
御大将の麗しき FOIと氷艶放送を見終えて
昨晩、フレンズオンアイス2017楽から帰宅して間も置かずに「氷艶2017 破沙羅」のBSプレミアム放送を見て…どっちから先に書けばよいのか混沌としていますが(今日、月曜日にFOI燃え尽き休暇を取っておいた私は勝ち組 ドヤァ)、今の心境を一言で象徴させると、御大将の麗しき♪でございます。もうあの歌、覚えたい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/28 16:18
破沙羅に咲き破沙羅に散る 氷艶2017 破沙羅
破沙羅に咲き破沙羅に散る 氷艶2017 破沙羅 氷艶2017 破沙羅 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/06/15 17:30
悪の華、官能の渦 氷艶2017 破沙羅
悪の華、官能の渦 氷艶2017 破沙羅 氷艶2017 破沙羅 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/12 00:28
待っていたとはありがてえ 氷艶2017 破沙羅
氷艶2017 破沙羅 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/11 00:54
終わらない!ロスもブログも 氷艶2017 破沙羅
終わらない!ロスもブログも 氷艶2017 破沙羅 氷艶2017 破沙羅 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/10 20:14
寿司とシャーベット 氷艶2017 破沙羅
寿司とシャーベット 氷艶2017 破沙羅 氷艶2017 破沙羅 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/06/04 03:19
見せてあげよう破沙羅の物語を 氷艶2017 破沙羅
見せてあげよう破沙羅の物語を 氷艶2017 破沙羅 氷艶2017 破沙羅 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/30 00:22
VIVA!!! 氷艶2017 破沙羅
VIVA!!! 氷艶2017 破沙羅 氷艶2017 破沙羅 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/24 00:11
ヴェルディ協会講演 「オペラと歌舞伎」
日曜日(12月16日)、久しぶりにヴェルディ協会の講演会に行ってきました。 演題は『オペラと歌舞伎』。講師は、『オペラと歌舞伎』の著書もある永竹由幸氏と、松竹鰍フ演劇製作部長の岡崎哲也氏。この講演と言うより対談で、私が興味深く感じた部分を、当日取ったメモより抜書きします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/12/20 00:25
四月大歌舞伎「伊勢音頭」
昨日、歌舞伎座・夜の部に行って来ました。 出かける頃になって、持病の貧血気味が始まってしまいました。気分がすぐれず、どうしようかなーと思って、演目を見たら、夜の部一本目は私の苦手な台本作家(昭和の人)の作のもの…。というわけで、一本目はパスということで、少し休んでから出かけました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/13 23:15
三月大歌舞伎「道明寺」他
既にforthedayさんがBlogで書かれていらっしゃいますが十三世片岡仁左衛門追善 お昼の部、私も本日3月22日、歌舞伎座昼の部を観劇してきました。 十三世・片岡仁左衛門追善公演ということで、十三世の子・孫世代の松島屋が顔を揃えました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/03/22 23:54
六月大歌舞伎 「新口村」
仁左衛門さんのことばかり書きます。染五郎さん、孝太郎さん、ごめんなさい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2005/06/16 00:25
六月大歌舞伎 「封印切」
2年ぶりに歌舞伎座で観劇してきました。昼の部『素襖落』『恋飛脚大和往来(封印切、二口村)』。なぜ、昼の部一本目の『信州川中島合戦』が抜けているかというと…。 今日は私が使っているカード会社から案内が来た銀座の某真珠店とのタイアップ企画で、午前中その真珠店で新作紹介や店内見学をした後、歌舞伎座に移って観劇とお食事というタイムテーブルで、観劇は二本目から、ということだったのです。 ちなみに歌舞伎座の方の料金は、真珠店がいくらか負担してくれているので、かなりお安くなっている仕掛けに。まさか、銀座の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/06/15 23:59
5月26日(水) 苦労する女
昨日、桜姫の画像を探すために、検索していたら、○ちゃんねるの玉サマ・スレッドに行き着いて、はまってしまいました ヘヘ(^^; 感動したのは、美輪明宏さまと玉三郎さまが仲睦まじくしているというカキコ。ある役の話がきたとき、タマさま、美輪サマに「やっぱりおねえさんがやった方が」って辞退したんだって。きゃ〜「おねえさん」って呼んでるのね〜うるはしすぎる〜きゃ〜 美輪さまってかつて「今、玉三郎に騒いでる娘たちって、あたくしの若い頃を知らないのよね」って言い放ったらしいけど、今は認め合ってるのね。。。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/05/27 01:40
許されざるもの(?) その弐
7月の歌舞伎座は、なんと19年ぶりに鶴屋南北の『桜姫東文章』がかかります!前も日記に書きましたが、これ、私が生まれて初めて見た歌舞伎の舞台だったんです。そして、私の価値観・美意識を一変させるほどの凄い舞台でした。 当然、前回と同じく坂東玉三郎が稚児・白菊丸と吉田家息女・桜姫(風鈴お姫)の二役。だが。だが。だがっ。僧・清玄と釣鐘権助が片岡仁左衛門じゃな〜い!そんなこと許されるのでしょうか!?許しません。たとえ松竹が許そうと、おばさん連が許そうと、この私、なつが許しません! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2004/05/26 01:08

トップへ | みんなの「歌舞伎」ブログ

Il quaderno d'Estate 歌舞伎のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる