Il quaderno d'Estate

アクセスカウンタ

zoom RSS Friends on ice2016 第二部 so sweet and heady

<<   作成日時 : 2016/10/28 00:02   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

実は、今年のFOIには、私には大きな喪失感が実はありました…昨年の大輔のいなかったFOIと同じくらいに。
チン・パン&ジャン・トン。二人が初めてフレンズに加わった2007年は私が初めてFOIに観客として初参加した年でした。以来10年連続でこの素晴らしいペアの常に高レベルのパフォーマンスを堪能してきました。私にとっては、最高のペアであり、かけがえのない「フレンズ」(と一方的に心の中で思ってます)。
そんな二人がいないフレンズが来るとは…ペアというアクロバティックな競技の性質上、遠くない将来に二人がショーからも引退する日が来るであろうことは覚悟していたつもりでしたが、いざいなくなると、なんてさびしい…。今年、出演しなかったのには、色々と事情はあるのでしょうが、でも新宿高島屋のフレンズ衣装典にパンちゃんトン兄からも英語のメッセージが展示されていたのはうれしかった!。しかも自筆メッセージには、二人のどちらかが描いたと思われる大人二人の間に小さな子どもが挟まれている簡単なイラストが添えられていました。イタリアのコストナーのショーに出ていたみたいだから今すぐ生まれるとかじゃないにせよ「近い将来」のパンちゃんトン兄の家庭の予想図なんでしょうね!

長々と今年出ていない人のことを書いてしまいましたが、今年のフレンズのペア枠は初登場のヴォロシャザール&トランコフになりました。彼らも大好きな素晴らしいペアなので、パントンのいないさびしさを十分埋めてくれるだろうと期待していたのですが…。
何というかいつものように美しいけれど、そつのなさすぎる演技というか何か物足りない。大技がリフトしかなかったし…と思っていたら、ショーが終わってしばらくしてタチアナさんのおめでたが発表されました。CS日テレの放送であらためて演技をチェックしたら、トランコフさんがリフトとの時にそっとおろしていたし、そういうことだったのか!と納得しました。二人の子どもなら男の子でも女の子でも美形が生まれること間違いないし、楽しみですねー。大事なくショー終えられてよかった。元気な赤ちゃんが無事生まれますように。

さて。いよいよ2年ぶりの橋大輔の登場です。演目は「ライラック・ワイン」で、直前までリオ・オリンピックのキャスターを務めていたので、新プロでないのは想定内。気になっていたことは直前までほとんど練習できていないであろうことでしたが、初日は驚くほど好調でした。ジャンプは2本とも素晴らしいディレイ・ジャンプ、そしてスケーティングと全身のムーヴメントのなんと流麗なこと…音符のひとつひとつ、ジェフ・バックレーの歌声が、大輔の身体とスケートの軌道に溶け込み、息をする間もなくただただ見惚れていた数分間でした。フィギュア・スケートであそこまで「頽廃」を表現仕切ったパフォーマンスというのは、極めて珍しいのではないでしょうか。SOIの初見の時にも私は書いた覚えがありますが、頽廃=デカダンというと2008年DOI(随分昔になるんだねえ)で"eye"を初披露した時も感じたことですが、あの時はまだまだ若くて、勢いのあるワイルドな頽廃だったというか。「ライラック・ワイン」のはもっとけだるげで、文字通り熟成したワインの香りがけだるげに漂う、というか…。

メリル&チャーリーと同じくLOTFの陸ダンス経験がスケートにとてもよく作用したのが分かったそんな初日だったのに、私がもう一度新横浜に足を運んだ最終日の昼公演では、「反省会」があったコラボに続いて、ジャンプで転倒してしまいました。失敗したのがルッツだったかフリップだったか忘れてしまったのですが、エッジが倒れてしまったように見えた記憶があります。
記憶があります。
この1ヶ月あまり後のカーニバルオンアイスの「ライラック・ワイン」も現地で見たのですが、この時は転倒はなかったものの、ジャンプのステップアウトが目立ち、うーんジャンプが崩れているのが続いた?ようなのが気に掛かっています。FOIの初日はあんなに調子よかったのにどうしたんでしょうね。膝や足の付け根を痛めた時とはまた違った感じの踏ん張れなさ?というか。何にせよ私の素人考えが役に立つとも思えず、今はただ怪我でないことを祈っています。
そうそうFOIの楽昼公演はジャンプの不調でも、スケーティングは初日と同じく絶品でしたよ。そしてレイバック・スピンの美しさは、ひょっとして現役時代を上回っているのでは…。


…すみません。絶対今日仕上げようと思っていたのに、完結させられなかったです。もう冬になっちゃううううう。 (;O;)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
夏さんこんにちは。お久しぶりです。ずっとFOIとXOIの籤運に完全に見放されていた私が今年のFOIはやっと当選の知らせを頂き、土曜の昼公演に行ってきました!フレンズはいいですね!!!日テレプラスを見られない私にとって、夢のような時間でした。ただリオの直後で大輔さんの出番が少なかったのでその分XOIに期待がふくらみますね!嬉しいことに、今回はXOIも土曜昼公演のチケットが当たり、すでにワクワク気分です。Dance!Dance!!Dance!!!も夏に続き秋も出してくれてホントにありがたい!今、男子フィギュア関連であの人の名前も写真もない表紙なんて有り得ない話ですものね。でもこれをストレスフリーのありがたい雑誌と喜ぶ人が私だけじゃないってことですね!? 私の場合LOTFも1公演だけは観に行ったのですが、なにしろCS放送が見られないので、てんこ盛りの大輔特番が何一つ見られず、締め出しを食らったような気分でいじけていたので(子供か!笑)XOIも雑誌も地獄で仏のようなものです(大げさな!)冗談はともかく、今年の大輔さんの活躍は予想の上を行くものでしたよね!でも相変わらずいつも謙虚。こてからがますます楽しみ!!!
Hi−chan
2016/11/13 10:44
Hi−chanさん、こんばんは。レスすっかり遅くなって失礼しました。最近、自分のブログなのに放置気味で…すみませんでした。

おーFOIそしてXOIよかったです!最近の私はいつも初日しか当たらなくなって…FOIもXOIもです。いの一番に新プロ見たいからいいんですけどね。ああ、でもたとえ一公演でも生で見られるのは幸せですね!
今年のFOIは直前までリオだったら、もっと出番少ないんじゃないかと思ってましたよ。その点XOIは準備時間あるから…と今から期待が膨らむ一方です。2007東京ワールド表彰台が揃うなんて…新横浜で見られるなんて…ああスケート見続けていてよかったおと心から思えます。

ソチ以降はスケートの雑誌はすっかり無縁でしたが、ご多分にもれず(笑)私もDance!Dance!!Dance!!!だけは買ってます。老舗のWFSでプロになってからのステファンが表紙になったことはあったかと思いますが、引退したスケーターが表紙になるのはなかなかbないことですもんね。有り難いことです。次は家庭画報…私は訳あって画報は信頼してなかったのですが、今度ばかりは手を出します(苦笑)
今でもふっと試合が懐かしくなりますが(テレビではなくて生観戦です)、大輔が新たな可能性をどれだけ切り開いてくれるかを楽しみに、これからも憑いて…じゃなくて着いて行きたいですね。彼の切り開く道を。Cobaさんの「あなたは僕と同じ道を切り開く人だ」という言葉を今さらながら噛みしめています。

それではあと一ヶ月後の新横浜で!

2016/11/17 23:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
Friends on ice2016 第二部 so sweet and heady Il quaderno d'Estate/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる