Il quaderno d'Estate

アクセスカウンタ

zoom RSS 2015/4/7 神戸チャリティー・募金タイム

<<   作成日時 : 2015/06/07 03:17   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

#深刻な大輔不足タグを使っている今日この頃。大ちゃんのインスタも、バスキアの展覧会以来、更新がない…でも、「便りがないのは、元気な証拠」と解釈しています。宿題に追われているのよ、きっと。欧米の言語とまったく違う系統の言語の日本から行くと、苦労するからね…。でも、そこで欧米にコンプ感じて、引っ込んじゃってはダメだけど、、トリノ・オリンピック後に最終グルー唯一のアジア人だったことも多かった大ちゃんが今さら臆する心配などまずありませんね!

さて、大輔がもう前に進んでいるのに、未だに2ヶ月前の神戸から進んでいない私です(苦笑)
最後の2ブロックは、まとめてアナウンスされてロビーの募金の列につきました。U字型を重ねる形で列が作られていましたが、慣れている方も多そうで、賑やかながら整然とした行列でした。お初の私は、出演スケーター全員の箱に入れなければ!と小銭を20くらいに小分けしていましたが、実際に募金に立っていたスケーターは、その半分ほど。よく考えてみたら、中学生の出演者がそんなに遅くまで残るはずなかった。
募金に残ったスケーターの前に募金箱を置いた長机。大ちゃんや本田君、織田君らはチャリティーのTシャツを着ていました。
印象に残ったことをいくつか挙げると、疲れも見せずにこやかに応対してくれた佳菜子ちゃん、ひとり抜きんでて背が高くてイケメンなデカ君、しとやかな宮原さん、顔ちっちゃい本郷さんetc.昌磨君はかなり疲れているようだったかな…。
織田君の募金の時に「またよい演技見せて下さい」と声を掛けたら「はい」とにっこり。本田君には「ハナミズキまた滑ってくれませんか」と言ったら、ニヤッとしてました(あ、すごく感じの良いニヤッでしたよ。為念)。
しんがりはいよいよ大ちゃんです。第一印象は、プリンスのふれあいタイムでいつも感じるとおり「顔ちっちゃ」、そしてきれいに焼けていましたよ−。そうそう神戸の直前に、織田君やかなちゃん真央ちゃんたちと練習兼ねた沖縄旅行に行ってましたものね。織田君はそんなに焼けてなかったと思うのに、大ちゃんはこんがりと(笑)
生大輔を目の前にすると、いつもぽーっとして記憶が吹っ飛んでることが多いのに、不思議と神戸は大ちゃんの表情が目に焼き付いています。そう"Kissing you"の演技もですが…。大ちゃんだけではないけれど、ほんとうに長い時間募金のために立ちっぱなし、何千人という人と挨拶しているのに、笑顔を絶やさず丁寧に応対していたのには、頭が下がりました。
とにかく時間を取っては悪いから手短にはしましたが、言いたいことはすべてこの三言葉に詰め込みました。「ありがとうございました。ずっと応援しています。行ってらっしゃい!」「はい」とにっこり笑ってくれた大ちゃんの顔をこれからも忘れることは絶対ないでしょう。募金をした後は名残を絶ちきるように、すぐに出口から外に出ましたが、一度だけ大ちゃんの方を振り返りました。それから外に設置してあった募金箱に余った小銭を全部入れて、これで私の神戸チャリティー参加は終了。
来年も同じ形で神戸でチャリティーがあったら、またぜひ参加させて頂きたいです。何よりもその時に、大ちゃんが日本に帰ってきているのか、スケートに戻って来ているのか…神のみぞ知る、としか今は言えないと思いますが、とにかく何度も書いたことですが、大ちゃんが心の底から望んだ時に帰ってきてほしい。そして、これまたしつこく書きますが、私は一生待っても後悔しませんから!





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2015/4/7 神戸チャリティー・募金タイム Il quaderno d'Estate/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる