Il quaderno d'Estate

アクセスカウンタ

zoom RSS クリスマスオンアイス2014 第二部

<<   作成日時 : 2015/01/12 23:59   >>

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 2

「2000days」衝撃もあったし、スターズオンアイスをあと一週間後に控えて、今さらクリスマスのショーの感想文ですが…って、毎回ショーの感想文書く度に遅くなった言い訳している私ですが(汗)、やっぱり第一部書いたからには、第二部も書き残しておきます。
年明けのBS放送は、第一部は日本人スケーターのみ、第二部はほぼ全員放送だったので後者に関しては私が書き残すまでもないかもしれませんが、例のごとく自分のための覚え書きということで。

二部オープニングは、「ホワイト・クリスマス」(たぶんビング・クロスビーのオリジナル)。終身名誉店長風味の蝶ネクタイ衣装の大ちゃんが滑りましたが、これは欧米の観客にも受けること間違いなしの上質なエンターテイメント・スケーティングでしたね!初日に見た直後の感想に書きましたが、たぶんすごくスピード出てると思うのに、ゆったり滑っているように見えました。ねっとりとした足元、自由自在な上半身のムーヴメント、ああ私が見たいのはこういう滑りなんだ、とあらためて思いました。XOIが続いて、そして大ちゃんが出るなら、このナンバーは定番として毎年いれてほしいですねえ。

BSでも断片がオンエアされましたが、この「ホワイト・クリスマス」に続いて、大ちゃんのトークとクリス・ハートさんとの絡みがきます。初日…はっきり言ってグダグダでした(笑)クリスさんが随分助け船出してくれてたと思います。でも逆に大ちゃんのクリスさんへの気遣いもはっきり見て取れましたよ。初日に客席から声が盛んに飛んでくるのを制して、クリスさんの話に集中するように誘導したり。あと、クリスさん見て「可愛い」なんて言ってましたっけ(笑)
楽のトークは、初日より若干慣れて滑らかになっていましたが、客席から6分間練習みたく「大ちゃんがんば!」の声が掛かりました。たくさん(笑)
楽ではまた、大ちゃん歌って〜コールに答えて、「街角にはクリスマスツリー♪」と一瞬歌ったのは、この時だったからフィナーレの後のトークだったか、もう記憶が曖昧になってしまってスミマセン。

二部はすべてクリスマスの情景を描いたナンバーがひと繋がりとなってBSで見た方も多いことでしょうが、私の印象に残ったことを拾い書きしてみます。
ジュベールはクリスマスに何その胸が思いっ切り開いた衣装?だったのですが、冗談はさておきプロになってから本来の力強さに加えてスケーティングが巧みになってきてますね!引退後、各国のショーでがんがん滑っている賜でしょうか。

"サプライズ"のモロゾフとアナベルちゃんの「きよしこの夜〜サンタが町にやってくる」は、もう言うまでもないかなー。初日と楽の違いは、リフトが増えていたこと(ローテーショナル・リフト追加)と、モロが楽には帽子を取って演技したこと。シングルとアイスダンスの中間の面白い試みでしたねえ。最近のモロ・プロでは、ソチ・シーズンのイリカツの「黒鳥」と並んで白眉なのでは!?
モロはもちろんのこと、アナベルちゃんの滑りも、ねっとりとしたThe モロゾフに早くもなっているのを見て、ああ大輔の滑りって、やっぱりモロの影響が強いのだなと確認できました。3本目のリフトの時の、モロのすごいディープ・エッジ見るにつけ。
それにしても、モロが愛想振りまきながらショーナンバー披露する日がくるなんて、人生何が起こるか分からないわ−。ご機嫌モロは、楽にはどさくさにまぎれて女性客に投げキッスしてたしー。

織田君はクリス・ハートの「毎日がクリスマス」、これは私個人としては織田君史上一番のハマリプロに見えました!緑のカーディガン姿の織田君、全身から滑る喜びが溢れていて、見てるこちらも幸せになりましたよ。またこういうプロをぜひショーで滑ってほしいです。

ベルントソンはやはりクリスさんの「ラスト・クリスマス」で滑って、 Give you my heart♪がとても素敵でしたが、楽はジャンプ全部転倒でどうしちゃったんでしょうか?どこか痛めているか靴の不調だったような気がしますが、その後大事ないことを祈ります。BSの放送では、さすがにジャンプ成功した他の回のを使っていました。

ウィーヴァー&ポジェは先々シーズンのSD「サウンド・オブ・ミュージック」、パン&トンはFOIでも披露した「シティ・オブ・エンジェル」と、この二組は既存のプロでしたが、二組とも楽のパフォーマンスが素晴らしかった!

テン君は可愛いセーターを着て、マイケル・ブーブレのクリスマス・ソングで滑りましたが、彼のスケーティングで思い出した言葉がありました。それは「品格(スタイル)」。そう私は品格があるスケーティングに惹かれるのです。普通はベテラン選手にならないと身につかない「品格」を、テン君は既に備えている。彼の今後がますます楽しみになりました。

そしていよいよこのショーの目玉、真央&大輔の「クリスマス・イブ」(クリス・ハート版)。
初日はねえ…ぎこちないというか、大輔が真央ちゃんに合わせた結果、ぶりっ子(死語)になったようで(断っておきますが、真央ちゃんがぶりっ子というわけでは断じてない。他人に同化することが上手な大輔が真央ちゃんに会わせた結果、ぶりに見えただけです<やだ全然大輔の擁護になってない)、どうもしっくりきませんでした。
それが!今じゃ大好きなコラボで、録画をリピ見ですよ!やっぱり初日と楽で、コラボが練れてくるのを見比べるのは楽しいです。
なんでしょうね。この可愛らしさ(笑)28と24ですよ〜こんなほのぼのとした見ている皆が幸せになれるプロを作った賢二先生と真央ちゃん大ちゃんに拍手!特に真央ちゃんは、賢二先生振付のソロ・ナンバーを見たいと思いました。
見どころは色々ありましたが、私が特に気に入ったのは3Fのジャンプ。SBSではなくて、ディレイで3Fを跳んでいる(大輔→真央の順)のは、意識的にそうしたのでしょうが、良い効果を上げていました。


さて、楽の"ビッグサプライズ"とフィナーレについては−前者に関してはもう書いてしまってはいますが、なんかまだ書くことありそうなので、ページをあらためることにします。
スターズオンアイスの前には書いてしまいたいのですが、どうなることやら(苦笑)


WHITE CHRISTMAS - Bing Crosby



*アナベルちゃん&ニコライの「サンタが町にやってくる」が誰のヴァージョンかご存じの方がいらっしゃったら、ご教示お願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。新年おめでとうございます。これからも、読み逃げですがよらせてください、今年もお元気で。更新、楽しみにしています。
今回の久しぶりすぎるコメントは、XOIのホワイトクリスマスのこと♥
実は、私はこのXOIではこの大輔さんの滑りが1番好きで毎日見ています。やさしさがあふれてくる滑りですし、フリーレッグの動きが美しい!それに、キュートで、もう絶賛です。海外でも受けると私も思います。残念なのは毎回、シャツが出てしまったことくらい(笑)現地でも見ましたが、こうして映像に残るというのもうれしい。いつまで、マスコミがフィギュアのショーを放送してくれるのだろうか?とちょっと心配です。
nene
2015/01/15 09:51
neneさん、こんばんは。
あけましておめでとうございます。
ほんとうにホワイト・クリスマスは見応えありましたね!初めて見た初日の夜の回は、「キャラバン」が不調だったので心配だったところを、この「ホワイト・クリスマス」で癒やされました。これ、このディープエッジに最強評価を与えないジャッジだったら、私はもう競技会には未練ありません。
大ちゃんのフリーレッグは、怪我前からディック・バトンさんにも絶賛されていましたね。スケーティングの隅々にまで美意識が行き届いていないと、ああは美しく処理できないでしょう。
シャツは…特に初日は左側がはみ出てしまっていて、はらはらさせられましつぁ(ニガワラ)
一部の勢力が、我々が高橋の「スケート」が好きでショーに足を運んでいることを理解出来ないようなのに(成績を上げさえすれば、容姿さえちょっとよければ、と思っているようで)、私は既に怒りを通り越して冷笑しています。

2015/01/16 01:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
クリスマスオンアイス2014 第二部 Il quaderno d'Estate/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる