Il quaderno d'Estate

アクセスカウンタ

help RSS 1969年 フランコ・コレッリとナナ・ムスクーリのナポリ民謡メドレー動画

<<   作成日時 : 2008/05/29 23:24   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 13

噂には聞いていましたが、遂にYou Tubeにアップされました。



1969年、フランスのテレビ番組のようですが、フランコ・コレッリとギリシャの歌姫ナナ・ムスクーリの共演!明らかに古いビデオ・テープがソースで、画質・音質は悪いですが、私はまったく初めて見る貴重な映像です。
コレッリの"O sole mio"から始まり、ナナ・ムスクーリとの"A vucchella"をデュエット、"O marenariello"、"Torna a surrient"とナポリ民謡のメドレー。
この時、コレッリは調子がすごくよかったようで、"O sole mio"の第一声から高音が冴え渡ってます!最後の部分のアクートもすごい。まるで、鋭い剣で空気を切り裂くかのよう。
正直言って、今まで私はナポリ民謡はコレッリの暗めの声質には合っていないように思っていたのですが、この"O sole mio"を聴かされると、この声の輝きには圧倒されるばかりです。
続く"A vucchella"でのナナ・ムスクーリは、もちろんオペラ歌手の発声ではなく、か細い声で歌っていますが、鈴を振るような可憐な声で、私は好きです。思いっきりオペラの発声で歌うコレッリとのデュエットでも、違和感はないと思いました。映像を見た感じでは、コレッリが気を遣いながらリードする様子が見て取れ、ほのぼのしますね。
"O marenariello"では、コレッリはムスクーリとダンスしながら歌っていて、楽しそう。
"Torna a surrient"でも、高音は絶好調だし、二枚目全開でかっこいい〜男盛りのコレッリの魅力を堪能させていただきました〜
テレビの「歌謡ショー」でも、全力投球で歌っちゃうんですね。そこがコレッリさんのよいところなんです。

でも、ほんとうに「歌謡ショー」ですよねー。わけのわからないオブジェがてんこ盛りのキンキラキンのセット…無駄に多い(失礼!)ダンサー…今見ると、派手にすればいいってもんじゃないと思うのですが、1969年ってこんな感じだったんでしょうね。
実は、一番わけわからないのは、コレッリさんの衣装だったりもするのですが (^^; ジャケットがラメでキラキラぐらいでは驚かないけれど、胸元に連なってぶら下がっているパネル(?)が不思議衣装…たぶんナポリ男風味の衣装にしたいのだとはと思いますが、なんで意味不明の飾りがついているのか…?まあ、これも「1969年はこうだった」と思うしかないですね。もちろん、テレビ局のお仕着せ衣装をコレッリさんは着ただけに違いませんが。
よいところは、コレッリさんの脚線美を際立たせる細いズボンですねー。

なにはともあれ、初めて見るコレッリの動画、ご紹介いただいた方にこの場を借りて感謝申し上げます。今後も秘蔵映像が上ってくることを熱烈に希望します!

Live in Tokyo 1973 (Sub Dol)
Dynamic Italy
2007-11-27
Franco Corelli

ユーザレビュー:
期待していたが・・・ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オペラのアリアを、フランコ・コレルリと唄います♪♪♪123video.nlから♪
オペラのアリアを、フランコ・コレルリと唄います♪♪♪123video.nlから♪ これは凄い! ナナとコレルリがオペラのアリアを歌います♪♪♪ 眼鏡の姫君です♪♪♪ [[embed(http://www.123video.nl/123video_share.swf?mediaSrc=71466,0,425,350)]] 123video.nlから♪ Nana Mouskouri & Franco Corelli Category Music Door: Kabouter2 ... ...続きを見る
ソングス オブ ジョイ♪ ナナ nana...
2008/06/02 13:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして♪
ナナムスクーリの検索でお邪魔しましたサチと申します。
ナナさんの紹介ブログを編集しております。
こちらの記事を拙ブログでご紹介させていただきたく、どうぞ宜しくお願いいたします。
http://together-with-nana-mouskouri.blogspot.com/
サチ
2008/05/31 23:54
追伸です。
拙ブログに、もう一件、コレルリとナナの動画
メリーウィドゥワルツがあります。思い出しましたので念のためご紹介まで
サチ
2008/06/01 00:02
見てきました。
1969年頃だと日本でもこういう歌番組全盛だったんじゃないかしら。ほんと素敵です、コレッリ。

ところで、Volpi著"Voci Parallele"で検索したら、なつさんの過去記事がヒットしたんですけど、この本は、入手できましたか?
この本は、3巻出版されているようで、最初が1955年、2巻はいつか不明、3巻が1977年です。1955年のは、Ricordiが出版、
3巻はBongiovanniから出版されていますが、廃版だかなんだか取り扱い無し。コレッリが載っているとしたら、1巻かしら? 1巻は、ポルトガル語のでしたらネットで買えますけど。
私は、3巻にライモンディが載っているということを知って、ぜひ欲しいのですが、なにか情報があったら、ぜひ教えて下さい。
keyaki
2008/06/01 02:17
>サチさん
はじめまして。
ひとつめのコメントがURLが入っていた所為か、スパム判定されてしまいすぐに反映できず、大変失礼致しました。

>メリーウィドゥワルツがあります。思い出しましたので念のためご紹介まで
もうデュエットの映像があるとは知りませんでした!
お知らせありがとうございます。
早速、サチさんのブログに伺ったのですが、動画の宝庫で「メリーウィドゥワルツ」なかなか見つかりません。
今後も訪問させていただき、気長に探させて頂きますので、よろしくお願い致します。

前にコレッリとのデュエットをYou Tubeで探していた際に、ナナさんとハリー・ベラフォンテのデュエットのIrisの動画を見つけて、とても気に入り保存しました。
今後も色々とお勉強したいなーと思っています!
なつ
2008/06/01 23:30
>keyakiさん
>Volpi著"Voci Parallele"で検索したら、なつさんの過去記事がヒットしたんですけど、この本は、入手できましたか?

実は、あれからBongiovanni社にメールを出し、在庫を問い合わせたのですが、返信きませんでした…
いずれにせよ、Bongiovanni版が絶版であることは間違いありません。
…が、持っている方にお借りして…ごにょごにょしました(笑)でも、手に入れたらほっとして、全然読んでいないんです(汗)
Bongiovanni版は一冊にまとまっていて、全237頁。
コレッリは197頁に、ライモンディはギャウロフとセットで232頁に登場します。
スポレートのパンフもイタリア文化会館からもらってきたし、該当箇所のコピーお送りしますよ。
後でご連絡いたしますね!
なつ
2008/06/01 23:37
嬉しい! お尋ねしてよかった! 
コレッリも1977年版に載ってるんですか。
どなたとの対比なんでしょう。
だいたい10歳くらいはなれている歌手、そのときのベテランと若手という感じでセットにしているようですね。
そうなるとギャウロフとライモンディという組み合わせになるんでしょうね。
なつさんのホームページの「自己紹介」のところからメールを送らせて頂きますので、よろしくお願いします。
keyaki
2008/06/02 00:31
お返事どうもありがとうございました。
ごめんなさい、今確認しましたところ、メリーウィドウは、他のかたとの共演でした。クラシックということで誤解しておりまして、もうひとつも、このご紹介の中の一部でした。
でも、映像は少しいいかもしれません。
http://www.123video.nl/playvideos.asp?MovieID=71466&Page=2&Period=1&So=0&q=mouskouri&View=compact&compact=0&UserName=&CatID=0&BM=77832&PP=1&Cnt=32
これは元サイトです。
ナナさんは、1970年代、テレビ番組をもっていて、素晴らしい共演が沢山あります。興味おありでしたら、Multiplyというサイトにログインされるとごらんいただけます。どうぞThank you Nana!のサイトでSachiも友人にご招待くださいませ。
サチ
2008/06/02 08:51
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/8612b5d606
メリーウィドウはすでに削除されたようで残念でした
サチ
2008/06/02 13:26
>keyakiさん
無事、メール受信できました。
ライモンディの項があるAppendiceU(1977年に加筆された部分でしょう)4頁ほどですが、コピー取ってきたので、明日にでも郵送いたしますね。

コレッリはリナルド・グラッシという1882年生まれのテノールとセットです。
バスティアニーニの項を見たら、2歳しか違わないローランド・パネライと一緒で、うーんどうやってカップリングしてるんだろう?やっぱり読まなくてはダメだな、という結論に至りました (^^;
そう簡単には読めないけれど、放置していたのを思い出すきっかけ作ってくださってありがとうございました <(_ _)>
なつ
2008/06/02 19:32
>サチさん
また一番最初のコメントがスパム判定されて反映が遅れて、度々申し訳ありません。
色々と情報ありがとうございます。
「メリーウィドゥ」は違う人とのデュエットですか。。残念です。

>ナナさんは1970年代以降テレビ番組をもっていて、素晴らしいゲストとの共演が沢山あります。
ヨーロッパだけでなくアメリカのテレビ番組にも出ていらっしゃるんですね。
別のところで紹介されて、眼鏡をかけていないナナさんがダニー・ケイの番組に出ている動画も見ました。
様々なジャンルの男性歌手と共演できる柔軟性のある方なんですね!
なつ
2008/06/02 19:41
>サチさん
重複しているコメント削除いたしました。
よろしくお願い致します。
なつ
2008/06/02 22:48
http://nanayahoogroup.multiply.com/video?&page_start=60
なつ様どうもありがとうございました。お手数おかけしました。これも、スパムとみられてなつ様だけのお目にとまると思いますが、これらがレアな共演の動画です。よろしければごらんくださいませ。
ありがとうございました。
サチ
2008/06/02 23:02
>サチさん
リンクご紹介ありがとうございました。
実は、自力でmultiplyを見つけられなかったので…
それにしても、ネットで様々な動画が見られるのは、よい時代になったものだ、と思います。
なつ
2008/06/04 00:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
1969年 フランコ・コレッリとナナ・ムスクーリのナポリ民謡メドレー動画 Il quaderno d'Estate/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]