Il quaderno d'Estate

アクセスカウンタ

zoom RSS 5月9日(日) 女性のいる戦場

<<   作成日時 : 2004/05/10 00:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

バグダット郊外の収容所でのアメリカ軍によるイラク人収容者虐待のニュースで、アメリカ人女性兵士の関与が目立っています。
はっきり書きますが、あの証拠のデジカメ写真に写っている虐待を楽しむ女性兵士の顔には、なんと知性も品位もないことでしょう。もともとそういう人間だから、兵士になどなるのか、或いは兵士になることで、下劣な人間になるのか。

私は女性が前線−現在のイラクも「交戦中」と見なしてよいでしょう−に出るのは、もってのほかだと思います。たとえ、戦争が人類の歴史が続く限り絶えないものだとしても、本来生み、育み、慈しむべき女性が破壊の場に出るのが普通になるとは、人類の歴史自体が破滅に向かっている兆しなのでは?
そもそも「児童虐待」がこれだけ増えているということが、人類が滅亡への道を歩み始めた証と言いますし…。

女性兵士のことばかり書いてしまいましたが、もちろん「彼女」たちだけでなく、男性の軍人たちも同じこと。
聞けば、あの収容所はフセイン時代も拷問・虐殺の温床だったとか。支配者が変わっただけのことですね。「我々がイラクに自由と民主主義をもたらした」というアメリカの自画自賛の欺瞞がいよいよはっきりしてきました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「5月9日(日) 女性のいる戦場」について
「5月9日(日) 女性のいる戦場」について ...続きを見る
Il quaderno d'Estate...
2004/06/25 00:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
平凡な生活をしてる者から見たら、アメリカ軍の捕虜虐待はハッキリ“異常”ですよね…信仰も目的も無い、「異常者」の集まり。ある意味、テロより『悪』です。
先日、アメリカの街頭インタビューでもほとんどのアメリカ人が「軍に対する信頼を失った」と言ってました。が、ある人は「極限に追い込まれた人間は虐待に走るのだろう」と言ってました。それも、一理あるかもしれません。
でも、でも、それなら、自国民を極限に追い込むような戦地への派遣を止めるべきだと思うんです。ベトナム戦争から帰還した軍人は、その後のメンタル面のリハビリが大変だったと聞いたことがあります。
今、イラクに派遣されているアメリカ軍は、帰還してから普通の生活が出来るんでしょうか…日本の自衛隊員は大丈夫でしょうか…『異常な状態』に毒される前に撤退して欲しいです。
ちょき
2004/05/10 21:31
軍隊に限らず、組織を「正常」に運営してゆくのって、生半可なことじゃないのだと思います。私が昨日見た、虐待を報道した番組によると、あの収容所内の米軍は、道徳的に無秩序状態にあったといいます。ただでさえ、他国を制圧したり、無差別に人を殺すために訓練された人間の集団である軍隊を「正常」に保ってゆくには、厳しい規律が必要なはず。やはりアメリカ側には、自分たちの方が力的に有利であり、また「正義」であるという驕りがあるのでしょうか?あの下劣な兵士たちの顔を見ると、それ以前の問題のような気もしますが…。さらに、ちょきさんの言うとおり、虐待を加えた側が、一般社会に戻ってからの問題もありましたね。。。私もまず、日本の自衛隊から撤退してもらいたいと切に願います。
なつ@管理人
2004/05/10 23:38
軍隊は主に殺人のために存在しますが、それを作った人間も、維持している人間も、自ら入隊した人間も、はじめはそれなりの道徳的な理想をもっていたのではないかと思います。しかし、人が人を殺す・・・つまりは同類殺しを正当化するために、自分たちは誰よりも優秀な存在であるという歪んだ認識を自らに言い聞かせるハメに陥るのではないかと思います。その結果、とんでもない方向に進むのではないかと・・・。
テキィ
2004/05/28 20:54
沖縄でアメリカ兵によるレイプ事件が起きたときも、「そもそも、人を殺すために訓練を受けている若い男性たちを基地の中に集めておく軍隊というものは、異常な状態にある」という意見がありました。もちろんそんな組織を作らないでいられる平和な社会が理想です。しかし、残念ながら、人類の歴史=戦争の歴史です。だからこそ、軍隊には、厳しい規律、明確な目的意識、そして自分たちは平和のために働いているのだという誇りを持たせることが必要です。そして、今回の虐待は、テキィさんの仰るように、自分たちの方が上にあるという「歪んだ認識」が蔓延していたことが、直接の要因だったのでしょうね。
なつ
2004/05/29 16:47
なつさん、コメントに気付いてくださってありがとうございます。すみません、けっこう前の日記なのに・・・。戦争については、うじうじ考えてしまって、うまくまとめることができません。奇麗事はなんぼでもいえるんですけど、本当、なつさんのおっしゃるように、悲しいかな、それが現実ですし、争いがない世の中は来ないだろうなあ、と思います。既にはじまっているから、これを止めることができるとしたら、これにかわる狂気ぐらいしかないだろうなあ、とも。結局、破滅の道なのだから、誇りを持つのも、強靭な精神力を持つのも、誇りも、とても難しいと思うんです。みんな一皮剥けばただ人だもの・・・。ああっでも絶望したくないなあっ。(叫ぶ)
テキィ
2004/05/29 17:43
>奇麗事はなんぼでもいえる_そうなんですよね。。。私も年端もいかない頃は、例えば、日本の軍国主義、当時の人たちはどうして止められなかったの?とか思っていましたが、世の中そんな単純に動くもんじゃないのだと、この年になるまでにいやというほど、思い知らされました。個々人の良心や正義感も結局は無力なのか…。せめてよりより社会となるようなシステムに向けるように努力できたらよいのですが。選挙に投票することのみで、その方向に持っていけるものだろうか…と、ここでまた疑問にぶちあたる私です。
なつ
2004/05/29 20:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
5月9日(日) 女性のいる戦場 Il quaderno d'Estate/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる